日々のしおり

東洋医学の考え方を、生活感覚にマッチして健康的に過ごせる目線で書いてます。すべてはバラバラではなく、繋がっている。全体性を大切にした治療を行っています。一の会鍼灸院、院長 金澤 秀光過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

2021年 始動!

 みなさま、新年 明けましておめでとうございます!

f:id:ichinokai-kanazawa:20210105110924j:plain

 かねてお伝えしておりますように、6日水曜日より、筆者・金澤は臨床復帰いたします。

 これまで多くの方々から、お励ましのメッセージやお気遣いのお言葉を頂きまして、本当にうれしく、ありがたく感じました。
 ありがとうございます。

 年末31日に至るまで、ありがたいことに肘と指先は全く問題ないのですが、左肩がまだ痛む上に自分の意志で動かなかったので、復帰時期を伸ばそうかな…と実は思っていたのです。

 さらに本当のことを言いますと、食って散歩して寝て…という毎日がとても安楽で心地よかったのですね。それに、妻も娘もつきっきりでかまってくれますしね。

 以前、周囲の好意を受け取ることで自分のかたくなな心が緩んだと書きました。

 受け取ることと親密感

 でもねぇ~、大事にされるとやっぱり甘えてしまうのですよねぇ。

 このあたりが、なかなかむつかしい。

 よ~く自分の心の動きと向き合うことが大切だな~と、つくづく思ったのです。

 でね、6日水曜復帰を決めてスタッフに伝えたのが年の瀬の31日。

 新年を迎えた元旦の朝、自分の意志では上がらなかった腕が、なんと少し動くようになっていたのですね。

 しかも、散歩中には三角巾をつけないと痛んでいた肩が、痛まないのです。

 以後、日を追うごとに回復してまして、昨日は15~20度くらい自分の意志で腕が上がるようになってますし、普通に腕振って歩けるようになってるんですよね。

 もう元旦から今日までの回復度合いは、目覚ましいものがあるんです。

 でね、やっぱり心の力というか影響って、大きいなぁと、改めて自分の身体で感じ入ってる次第です。

 決めたら、決めた方向で身体はちゃんとついてくるんだってことを。

 えらいもんですねぇ~、ありがたいことですねぇ。

 ほんまに、従ってくれるこの身体に感謝です。

 まだまだ生かしてもらえるってことですね。

 せっかくなんで、最後の最後まで、この身体を有意義に使わせて頂きます。

 

 そしてなによりも、復帰を公開しましてからご予約をたくさん賜っております。

 治療者の立場でありながら、皆様のおかげでさらに元気が意欲が増幅しております。

 本当にありがたく感じております。

 素晴らしいと感じて頂けるような治療を、今後も目指して精進いたします。

 どうかみなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20210105115258j:plain