日々のしおり

東洋医学の考え方を、生活感覚にマッチして健康的に過ごせる目線で書いてます。すべてはバラバラではなく、繋がっている。全体性を大切にした治療を行っています。一の会鍼灸院、院長 金澤 秀光過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

しょんべん と妻と

 思いがけず早い退院となりまして、予定通り13日に娑婆に戻ってきた、といった感じです。

 退院前の8日、午前9時から12時まで、人生始まって以来の全身麻酔の手術を受けました。

 手術が終わって間もなく目が覚め、再び襲ってきた激痛に対処して頂き、次いでやってきたのが尿意です。

 ところが意に反して、出ない! これが…

 午後5時になっても、尿意はあるのですが出そうとして緩めようとしても出ないんですね。

 それでね、初めて海でダイビングしてた時のことを思い出してたのです。

 海底で、おしっこしたいと思っても、なかなかでなかった時のことを。

 なんか、あの時の感覚と似てるよなぁ~、って。

 そうこうしてると、妻が特例で病室に入れてもらえたとかで会うことがかなったのですね。

 で、一言二言話してるうちに、なんとなく出るかも・・・という感覚になってきまして、めでたく、あてがってもらった尿瓶に小便が出たのです。

 鋭い痛みを伴っていましたが(これまでの膀胱炎患者の訴える症状と似てるなと思いつつ)、やれやれ・・・ですよ。

 改めて排泄って、快感ですねぇ(笑)

 排尿後、妻は帰路についたわけですが、ひとり残された病室でどういうことだったんだろうってしばらく思いを巡らせていたのです。

 すると、そういうことか! って分かってきたのです。

 看護師の方々は、それこそ至れり尽くせりで本当によ~くしてくださいました。

 言葉も気持ちも、「ありがとうございます」しかないわけです。

 ところが妻には日ごろ、

 「あんなぁ、これ、ちょっとちゃうねん」とか

 「もうちょっと、どいかならんか…」

 な~んて、してもらってるにもかかわらず不足というか不満を言ってたことに気づいたのです。

 ですがこれって、お互いの関係に「安心」とか「信頼」とかがあって、初めて言えることやったんやな~って思えたんです。

 だってね、うちは喧嘩らしいことは一切しませんけど、これって言いたいことが言える関係だということでもありますよね。

 そんなことに改めて気が付くと、もうちょっとちゃんと日常会話の中に、感謝の気持ちを意識して、言葉にして「ありがとう」を言いたいなと思ったのでした。

 ホンマね、言葉だけの「ありがとう」って、宙を滑って相手に届きませんけど、折に触れて感じたことを添えると、互いにもっと幸せな気持ちになれるんちゃうかなと。

 そんなことを思った次第です。

 ちょっと照れくさい感じもしますが、まずはちょっとずつでもやってみます。

 随分と寒くなってきましたが、みなさま、今日も一日お元気で!

 また書きます。

 みなさま、いつもありがとうございます。