日々のしおり

東洋医学の考え方を、生活感覚にマッチして健康的に過ごせる目線で書いてます。すべてはバラバラではなく、繋がっている。全体性を大切にした治療を行っています。一の会鍼灸院、院長 金澤 秀光過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

年内 金澤院長 休診


 プツッー ー ー ー

 

 シャツ、切っていいですか!(シャー、シャツを切る音)

 お名前と連絡先言えますか!

 

 さっきまでバイクで、広い対抗二車線のまっすぐな道路を南下してたはずと、脳裏にかすかに浮かんだが、現実の肉体の痛みに圧倒されることになる。

 

 11月28日土曜、午後日暮れ時。何時頃だたのか覚えてないけど、間もなく救急搬送先の集中治療室へ。

 左肺挫傷 肋骨・肩甲骨はあちこち骨折してるらしいが、2か所折れてる鎖骨は来週火曜、8日に手術だそうだ。

 どうやら、もう少し痛い目に合わなくてはならないようです。(笑)

 一日中、ほとんど半覚半睡状態から、ようやく頭もはっきりしてきまして、ようやく何か書こうか…という気になって参りました。

 

 随分と告知が遅くなりましたが、現在住所地の救命救急科に入院・治療を受けております。

 退院の具体的なお話はまだ出てないのですが、左肩関節後遺障害が残るだろうとの主治医の判断で、退院後、しばらくスタッフの鍼を受けながら療養しまして、来年1月6日水曜日から診療を始めます。

 すでに通院中の方々には、スタッフから連絡が入っていると思います。

 多くの方々にご迷惑をおかけしております。

 またたくさんの温かいお言葉も頂戴しております。

 本当に、ありがたいことです。

 20数年ぶりの入院となったのですが、振り返りながらちょこちょこ書いてみますね。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201205093608j:plain

病室の窓から