日々のしおり

東洋医学の考え方を、生活感覚にマッチして健康的に過ごせる目線で書いてます。すべてはバラバラではなく、繋がっている。全体性を大切にした治療を行っています。一の会鍼灸院、院長 金澤 秀光過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

新鮮な心

 今月7日 立冬、22日は小雪でした。

 本日、少し気温が下がっていよいよ冬の到来を感じさせられています。

 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 22日小雪の朝、近くの公園に散歩に行ってきました。

 公園の木々はもうすっかり様相を変えて着々と冬支度といったところでしょうか。

        f:id:ichinokai-kanazawa:20201124094029j:plain

 近くにこんな公園があるって、ありがたいなぁ~、幸せだなと、つくづく感じてます。

 ところでみなさま、何か健康法って行っておられますでしょうか。

 なにを健康と呼ぶのかはさておいて、筆者は特に「健康を意識して…」って、特別なことは何もしていません。

 横着な性分ということもありますが、「健康のために」っていうのがどうも自分的にはしっくりと来ないもので。

 とは申しましても、ちょっと意識してることはあります。

 それは、「まんねり」です。(他にもありますけどね)

 

 毎日の生活って同じことの繰り返し、という面があるじゃないですか。

 それはそれで安心な面もあるのですが、時として心や気持ちに新鮮さが失われてしまって、ハタと気が付くと何となく心が乾いてるよなぁ~、なんて感じることが度々あります。

        f:id:ichinokai-kanazawa:20201124094044j:plain

 そんな時は、たとえ予定が詰まっていても一旦、手と頭を止めて、あえて外に出て自然に触れることにしています。

 

 そして肌に感じる空気や日差し、目に入ってくる景色や木々や草花に目を落とすと、そこには数日前とはまた違った光景に出会ってることに気づきます。

 やっぱり、自然の美しさは偉大ですよっ。(って感じます)

 何が癒しになるって、自然の移ろいほど癒しになるものはないですね。

 筆者も、還暦を過ぎて思うことはいろいろありますが、歳を重ねて次第に枯れていく… 

 そしていずれ、木の葉のように落ち去って消えていく。

 これも自然なこと。

 そんな当たり前のことが、すっと心になじむのですねぇ。

 ちょっと暗いですかね。

 自分的には前向きなつもりなのですが。(笑)

 さあみなさま、生きてる今を精一杯表現して今日一日を過ごしましょう!

f:id:ichinokai-kanazawa:20201124101051j:plain

 

初体験 二上山

 今月は、週一回行ってます大阪医療技術学園の教員養成科の学生が、教育実習に行ってるのでその間、登山三昧です。

 といっても、旧いおり鍼灸院から一の会鍼灸院へのホームページリニューアルやらなんやらで、そこそこ忙しいのですがそこは、イエヤッ!

 時間を割いて行ってきました。

 今回は大阪と奈良にまたがる二上山。以前から気になっていながらなかなか登ることが出来なかったのですが、やっと行くことがかないました。

 住所地が泉北ということもありまして、ちょっと足を延ばせば登山する山がたくさんあるのはありがたいところです。

 登山ルートはいくつもあるのですが、当然ながら大阪側からの登山ルートを選択。

 筆者はバイクなので平日ともあり、難なく駐車。

 目の前が登山口でした。ありがたかったです。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117213527j:plain

 ここから歩いてすぐのところに、早速分かれ道。

 なんか、石仏に歴史を感じました。

 身の丈くらいありましたよ。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117213642j:plain

 何となく、向かって右側が昇りやすそうに思えたのですが、あえて左のルートを選択しました。

 その先には、鹿谷寺跡っていのがあるのですが、途中の山道はまあまあ険しい…?

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117214040j:plain

 初心者レベルでしょう、きっと。ちょっと疲れてたのか、険しく感じたのでしょうか。ゼーゼーでしたが💦

 鹿谷寺跡から道を違えて展望台?にってしまいました。動画で載せてますのでよろしかったらご覧ください。
 そして鹿谷寺跡です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117214616j:plain

 この石塔、一刀彫というのでしょうか、一つの岩石でできてるのだそうです。

 彫った方、どんな思いで取り組まれたのでしょうね。

 ちなみにこの二上山、2000万年前は火山だったそうで、石切り場があちこちにあるそうで、なんと、高松塚古墳の石棺もこの山から切り出されたそうですよ。びつくりですよね。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117215008j:plain

 その傍らの石窟?でしょうか、線状に彫られた仏様がいらっしゃいましたが、そのお姿ははっきりと認識できませんでした。

 ここからです、本格的にゼーゼーだったのは。(*^-^*)

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117215203j:plain

 ただし、途中の景観は、よろしゅうござりましたよ~っ。(*^-^*)

 画像撮ってませんが、動画に入れてますのでよろしければご覧ください。


 そしてトットコトットコゆっくりと昇って、いきなり広い道に出てきたのがここ。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117215827j:plain

 このまま細い獣道のようなところを行けばいいのか、それとも広い何となく楽そうな道を行けばいいのか。

 目指すは、二上山、雌岳。

 迷ってると先達が見えましたので聞いてみたところ、どっちでも良いとのことで、情けながらちょっと参ってたので広い道を進むことにしました。

 途中、幾本にも道は分かれているのですが、その都度であった方々にお聞きすると皆様ご親切♪

 そしてようやくたどり着いた、雌岳山頂。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117220456j:plain

 なっ、

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117220609j:plain


なんだ、これは…

 そう、日時計ですね。

 ここでお昼にしようかと思っていたのですが、まだ11時過ぎなので雄岳を目指すことに。

 途中、馬の背というなだらかな道を楽に歩いてると、途中から急斜面。

 階段、ありがたかったけどきつかった…

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117221144j:plain

 ようやくたどり着いたけど、ここでお昼もなんだしな~と思って少し引き返して景観ばっちりなとこで湯を沸かして弁当。

 ここ、動画で治めてますのでよろしかったらご覧ください。

 帰りの途中、ハッと息を飲むような紅葉も収録しております。

 帰りは楽ちんコースをたどりました。💦

 午前9時に自宅を出て、午後2時の帰宅。

 気軽な登山を楽しんで参りました。

 さて、明日からの診療と来週からの講義。

 新鮮な感覚でいい仕事しますぞ(*^-^*)

 

  

散歩の効用

  世に健康法ってたくさんありますねぇ。

 筆者は、簡単で費用が掛からず、いつでもどこでも気軽にできることこそが大切だと思っています。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201117061909j:plain

 

 東洋医学では、健康に生きるための基本的な考え方があります。

 それは、「自然と寄り添って生きる」 ということです。

 自然と寄り添う…って、どんなことなのでしょうかね。

 今回は、筆者が日課にしている散歩を取り上げました。

         


        f:id:ichinokai-kanazawa:20201117062030j:plain

 

  散歩の効用をいくつか書いてみます。

1.まず何といっても気分転換になります。意識が自分の外に向かいますのでね。

  考え事していて煮詰まってしまったりすることってありませんか。
         f:id:ichinokai-kanazawa:20201117062322j:plain

 思い切って外に出て空や木々の葉の揺れ動いている様に触れるだけで、自分の気が変わります。

 そして改めて取り組んでいる事案に向き合うと、新鮮な気持ちになってアイデアなんかも浮かんできたりしますね。

              f:id:ichinokai-kanazawa:20201117062202j:plain


2.歩くと全身の気が巡り始めます。なんといっても、足の裏が温まります。

  現代人は、意識=頭を使いますのでどうしても気が頭に昇ります。肩や首も凝りますよね。

              

             f:id:ichinokai-kanazawa:20201117062732j:plain

 歩くと、気が巡り始めて降りてきますので、のぼせや肩・首の凝りなど、軽い程度ものでしたら解消されます。

  それに足は第二の心臓とも呼ばれています。

 歩くと新陳代謝が活発となりますので、手軽な健康法と言えるのではないでしょうか。

         f:id:ichinokai-kanazawa:20201117062959j:plain

3.そしてなんといっても自然の空気に触れて呼吸を意識し、季節の移ろいを感じていると自然と一体化できます。

 

 この自然と一体というところが大事なのですねぇ。

 意識的に自然と一体になるんだ!ってそんな気負いは必要ありません。

 ただ、自然の景色を眺めて空気に触れて…

 もうそれだけで、心身は季節の気と一体となっているのですから。

 

 人って良くも悪くも、必ず触れるものに影響されます。(意外と大きいですよっ)

 筆者、午前診が終わって時間があれば、雨以外は散歩に行くのを日課としています。

 広がる景色、人々の伸びやかな声や鳥たちのさえずり、風の音、空の色…

 飽きないですねぇ~(*^-^*)

 

 動画は、先日の淀川河川敷公園でのものです。

 これから寒くなりますが、そこは防寒をしっかりとして外に出かけられてみてはいかがでしょうか。

 

 

  

朝の散歩

 

 今年は7日(土)が立冬。 本格的に寒くなるのはこれからですね。

 自宅からちょっと足を延ばせば、このような景色が広がります。

 通りなれたところですが、四季折々の景観が心を和ませてくれます。

 この後、一の会基礎医学講座だったのですが、ちょっと心をフラットに。

  気持ち良く感じる朝。

 まぁ、健康的じゃないでしょうかね。

f:id:ichinokai-kanazawa:20201110103906j:plain

 

感染症を重篤化させないための生活要点

感染症を重篤化させないための生活要点

 現在、中国から医療情報が続々と私たちの元に届いております。これらをもとに、稻垣副院長と検討を重ねたものを開示いたします。

 感染予防には、現在アナウンスされてます、手洗い・消毒、マスクの着用、三密を避けるなどは有効な方法です。さらにこれを補う方法と考え方をお伝えいたします。

 ウイルスに感染しても、必ずしも発病するのではない。発病を防ぐには、身体の元気を充実させておくことが大事です。

 

 ★身体の元気を充実させるための5つのポイント★

  • 肉・油脂、クリーム・チーズ・バターなどの乳製品、甘い物などを極力控える。

 中国伝統医学の医療情報によりますと、体液の粘性と循環に問題を生じております。上記の飲食物は、体液の粘性を高め、体液のめぐりが悪くなり、重症化する傾向がみられます。

 欧米の人々が、より多く亡くなっておられる最大の理由が、ここにあるだろうと推測されます。

 

  • こころや気持ちを明るく伸びやかにしておく。

 外から侵入しようとする邪気(病原菌)を防ぐ衛気(えき)は、気持ちが萎縮しますと伸びやかにめぐることができません。

 ニュースやワイドショーなどは、人々の不安をあおる要素が盛り込まれています。

 自分にできる対策と準備をした後は、必要以上のニュース報道に触れることを避け、静かに過ごす時間を設けたり、美しいものに触れるなど、心が明るく伸びやかになるような工夫をしてみてください。

 

  • 昼間は、できるだけ太陽の光を浴びる。

 身体は、太陽の光に触れるだけでも、気が巡りやすくなり、気持ちも明るくなります。

 一日中部屋で自粛するよりも、近くの公園、もしくはベランダに出てゆっくりと大きな呼吸と共に日光浴、あるいは軽い体操をしてみましょう。

 

  • 睡眠をしっかりと取る。

 人は、寝ている間にしっかりと精力が養われます。遅くとも12時までにはぐっすりと就寝してください。

もし眠れなくても、目を閉じて、心を静かに横になることで、眠るのと同等の効果があります。

 

うたたねに気をつける。

 人は眠りますと、身体を守る働きのある衛気(えき)は、体内に引っ込んでしまします。うたたねをする場合は、衣服や室温などに十分気を付けてください。

 

 その他、ブログ「日々のしおり」で、小さな喜び→幸福感→健康・無病息災について書いておりますので、ぜひご参考になさってください。

 https://kanazawa.ichinokai.info/

                            院長 金澤 秀光

                           副院長 稻垣 順也

マスクして、浅い呼吸をしていませんか?


 こんにちは、院長の奥さんです。

 ご無沙汰しております!

 緊急事態宣言が出されて3日が経ちました。

 ウィルスという、見えない敵から総攻撃を受けているような、不安な毎日をお過ごしの方も多くおられることでしょう。

 

 感染拡大が一日も早く終息することを願うばかりですが、このような状況の中で、日々患者さんや感染者の方々のケアにあたっておられる医師や看護師の皆様、

 また直接の医療現場以外においても社会貢献に立ち上がる人々がたくさんおられます。

 

 その姿を見て、東洋医学を標榜する我々が、社会に貢献できることは何だろうかとずっと考えていました。

 

 東洋医学には「治未病」(みびょうをちす―未だ病まざるを治す)という言葉があります。

 

 例えば同じ空間にいても、必ずしも全員が感染するわけではないですよね。

 今回のウィルスは感染力が強いと言われていますが、そこには一定数の”感染しない人”が居るはずなんです。

 

 感染する人としない人、何が違うのでしょう。

 

 私は感染症の専門家ではありませんが、現代医学では「免疫力」と表現される、ウィルスなどの外敵から身を守る力ですね。

 

 一方、東洋医学では「衛気(えき)」と呼ばれる「気」が身体から出て、身体の周りをぐるぐると回り、外敵の侵入を防いでいると考えます。

 

 身体の「気」が弱ると、「衛気」も当然ながら弱くなります。

 

 ところで私は20年以上、医療機関に勤めていますが、毎年インフルエンザの予防接種は受けていません。

 けれども、罹ることがないのです。(正確には一度だけ、ありました)

 かなり前のことになりますが、ある年、職場の人が次々にインフルでダウンしてしまい、孤軍奮闘したことがありました。

 数日間はなんとか頑張っていたのですが、「もうアカン」と思った直後、ついに自分もダウンしたのでした。

  当時はまだ「気」についてあまり興味もなかったのですが、後にこのような医学の世界を知り、「そういうことだったのか!」と納得できたのです。

  

 ***

 

 テレビなどのマスメディアから流れる情報は、ある程度メンタルの強い方や訓練された方は大丈夫かもしれませんが、

 そういったトレーニングを受けていない多くの方にとっては、恐怖や不安をあおるものになってしまいがちです。

 

 心が不安でいっぱいになっていると、「気」の流れを妨げます。

 流れが滞ることにより、身体全体の「気」がうまく巡らないので、身体は本来の力を発揮することができなくなります。

 すなわち、先ほど申し上げた「衛気」も十分機能しなくなってしまいます。

 

 我々、東洋医学を掲げる治療院では、皆様のお身体の状態を、顔色や脈、舌、皮膚の状態などから東洋医学的に判断し、お身体が本来の力を発揮できるような治療を行います。

 

 「気」が整えば、衛気はしっかりとお体を防御してくれるでしょう。

 

 非科学的かもしれませんが、古代から現代まで受け継がれてきたものにはやはり根拠があるのです。(根拠がない、まやかしのものは淘汰されます)

 先人たちはまさに命がけで病に打ち勝つ方法を探求し、後世に伝えてくださったのですね。

 

***

 

 そして、順番が逆になりましたが、

 健康に過ごす基本はやはり、日々の暮らしかたにあります。

 (これは残念ながらマスメディアではあまり流れませんね💦)

 

 ★健康的な食事を、感謝を持っていただきましょう。

 ★適度な運動(できれば少しでも太陽の光に当たることが望ましいです)、十分な休息(睡眠)をとりましょう。

 ★マスクをして、浅い呼吸になっていませんか? 意識的に、深い呼吸をする時間を作ってみましょう。

 ★家族や身近な人たちとの関係は平和でしょうか? このような状況を乗り越えるには、身近な人達との人間関係が大きな力になります。

 

 感染予防の具体的な方法については、専門家がたくさんいらっしゃるので、お任せしたいと思います!

 

 我々は、東洋医学の宝である「未病治」を以て、わずかな力ではありますが、社会のお役に立たせていただくことが出来れば幸いです。

 

 以下、日々の暮らし方などについて、院長が書き綴った過去ブログのリンクです。

 よろしければご参考になさってくださいね。

 

 *【飮食について】の記事一覧

 *【睡眠について】の記事一覧

 * 今の明るい兆しと展望

 * 予防の基本と考え方

 * 批判と平和と病と

 

 最後までお読みくださり、ありがとうございました(*^-^*)

 

 

 一の会 鍼灸院(旧いおり鍼灸院)|大阪・西中島の東洋医学専門治療院

 

f:id:yinandyang1008:20200228122341p:plain

 

32.食ー最終章

 今回で、食シリーズ、最終章といたします。

 えっ!? で、具体的な飲食物の話はないの? って思われる方もいらっしゃると思います。

 はい、それはそれでとても大切なことなので、このシリーズを一旦終えまして、改めて書いて参りたいと思います。

 最終回の今回、改めて「気」という事を中心に、食卓を共有することの大切さを書いて締めくくりとさせていただきます。

いわば、総論といったとこです。

             f:id:ichinokai-kanazawa:20200406063115j:plain

 食(しょく)って、何をどのように食べるかって、本当に大事なことではあります。

 

 が、目の前のご飯一粒には、天の気・地の気・人の気が無限に含まれていて、それを身体に取り入れて私たちの元気を作るのでした。

 そんな食への感謝の気持ちが、

 いただきます!

 ごちそうさまでした!

 という、自然に出て来る感謝の言霊でしたね。

 

             f:id:ichinokai-kanazawa:20200406064004j:plain

 そして作る人、食べる人、そして片づける人の気が集まるのが食卓という場でした。

 そのみんなの気が集まった食卓の場の気が、とてもとても大切なことになります。

 

          f:id:ichinokai-kanazawa:20200406063243j:plain

 毎日毎日のことですから、意識の習慣=潜在意識に刻まれますので、ことさら重要です。

 この点をとても大切にするには、食べること=味わうことに意識を留めることが大切なことでしたね。

             f:id:ichinokai-kanazawa:20200406063408j:plain

 テレビを見ながらですと、何を食べたのか分からなくなりがちですし、家族の顔の表情やご飯の進み方にも気が付かなくなります。

 大方のご家庭では、ご家族が一堂に会するのは、1日1~2回くらいなものではないでしょうか。

 

           f:id:ichinokai-kanazawa:20200406063513j:plain

 一緒に食卓を囲んで、お互いの顔を見ながら食べることは、喜びの気の交流・共感です。

 ご家族の、幸福と健康を培う上でとても大切なことです。

 言うはたやすく、行うは難き事ばかりかもしれません。

 

          f:id:ichinokai-kanazawa:20200406063649j:plain

 時に行き詰ったり、迷ったりしたときに、本来の人の有り様として、このようなところに意識を帰して頂けたらと願っています。         

 幸せや健康は、「いま ここ」の目の前にすでにあるのだということ言うことを。

 

 健康の黄金律

 おいしい!→ 喜び → 幸福感 → 健康。

 

 みなさま、いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

 次回からは、衣服・服装について書いて参ります。

 どうぞ、またご訪問くださいませ。

 みなさまの、お役に立ちますように💛

f:id:ichinokai-kanazawa:20200406062944j:plain