いおり日記

大阪市淀川区 旧いおり鍼灸院 一の会鍼灸院と内実ともに改めました。 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

「こだわり」は誰のため?


 こんにちは。

 いおり院長の奧さんです(自己紹介はこちらです)

 訪問して下さりありがとうございます(*^^*)

 

 タイトルにあります「こだわり」。

 私はけっこう強い方かなって思います。

 

 たとえば、

 合成洗剤をできるだけ使わず、環境にやさしいものを選ぶ、とか...

 お野菜は有機無農薬のものにこだわる、とか…

 調味料も本物志向、とか…

 ゴミは徹底して分別する、とか…

 待機電力消費を抑えるために電源から抜く、とか等々… 笑

 

 電源から抜くに関しては、笑い話がいっぱいあります。

 嫁ぎ先の実家でも、テレビが点かないとか、ストーブが点かないとか、冷蔵庫の製氷ができないとか(笑)、様々な事件を起こしてきました。

 今では電化製品に何かあると先ず私が疑われます(;^_^A

 

 それはさておき、

 仕事や人付き合いにおいてもたくさんのこだわりがあるのですが、

 あれもこれもとこだわってると、時に自分が苦しくなることもあります。

 手放せたらいいのに...と思っても、なかなか手放せない(手放したくない)ことってありますよね。

 

 個人的に、数か月前から色々とやってみたいことが出てきて、

 手を、足を、前に出したいんだけど、何かしらのしがらみや、自分で自分を縛ってるようなところもあって、うまく進めない。

 もっと軽やかに動きたいのに、動けない。

 手放せない何かが、その一端を担っているのだろうと思います。

 

 そうこうしてるうちに、私はとっても不機嫌な日々を過ごすようになってしまっていました。。

 

 そんなある日、主人が

 「あのさぁ、料理とか家事するの嫌なん?

 ごはんも色々こだわって作ってくれるのはありがたいけど、それが大変なんやったらスーパーで適当に買ってきて出してくれたらええねん。

 誰のためのこだわり?自己満足のため?

 そんなこだわりやったら要らんねん。

 もっと家庭が平和で明るくなるようなこだわりを追及してよ。」

 

 って。

 ・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン・・・

 これは痛かったです。

 本当、おっしゃるとおり。

 

 私のこだわりの中には、自分を含めた家族の健康を守りたいという考えはもちろんとして、

 環境にやさしい生活をして、地球環境を守ろう!というような考えがありました。

 

 そんな壮大なことを思ってるわりに、

 すぐ目の前にある 大切なこと をおろそかにしていたんだなぁと。

 

 大切なこと、それは

 「日々を生き生きと、感謝して生きること

 

 恥ずかしながら、全くできてませんでした!

 

 「世界平和も まずは家庭の平和から」←これ、院長が好きな言葉です(*^^*)

 

 反省、反省、大反省。。

 

 それでね、その時あまりにショックだったので、

 私は「こだわり」を封印してしまおうかと思ったんですが、

 そうするとなんだか「私」が死んでしまうような気がしたんです。

 

 だったら、そのこだわりを生かす方にフォーカスしてみよう!

 「私のこだわり」が生きることを何かやってみよう!

 

 そして、こだわるポイントをちょっと変えてみようかな?

 

 …というわけで、こんなブログを書いたりしています。

 「自分縛り」が解けるかどうかは?わかりませんが(;^_^A

 

 読んでくださる方がいてこそです。

 ありがとうございます。

 

 表題からは外れますが、この方のメッセージがとても心に響いたので、シェアさせていただきます。(数千年前に書かれた医学書『黄帝内経』からの一節も出てますよ^^) 
 

 

 春は気持ちをのびのびとして、何かを始めるのに最適な季節ですね。

 身を軽くして、一歩踏み出してみます! 

 最後までお読みくださって、ありがとうございました(*^^*)

 

 www.iori-hermitage.jpいおり鍼灸院

 f:id:yinandyang1008:20190223155003j:plain