いおり日記

大阪市淀川区 旧いおり鍼灸院 一の会鍼灸院と内実ともに改めました。 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

よろしくお願いします

こんにちは。はじめまして!

院長の奥さんです。

名前は、大上(旧姓)恵子と申します。

 

いおり鍼灸院に出ていることは少ないですが、裏方のお仕事(経理・ホームページの管理など)や、東洋医学鍼灸の勉強会「鍼道 一の会」の事務局の仕事をしています。

 

そして一人娘の子育てとパート薬剤師をしながら、主婦業やってます。

 

ちょこっと自己紹介をさせていただきますね。

 

1971年亥年生まれ。現在4*歳、しし座のA型。

大学卒業後は薬剤師として医療現場で約12年勤務。

初期の頃は、社会の役に立っていると信じて働いていました。

が、年数が経つにつれて現代医療に対する不信感が大きくなってきました。

何か他のことをしたくなり、アメリカの栄養大学の修士課程を学んだり、アロセラピスト養成校に通ったり、スピリチュアル系にはまったり…と、あれこれかじっていましたが、

30代になり、あることがきっかけで心が病むと同時に体を壊し、現代(西洋)医学の治療を受けました。

しかし、原因不明、治療法もない、薬を飲み続けないといけない…ということに嫌気がさしてしまいます。

何か良い方法はないか?と彷徨っていたところ、院長との出会いがありました。

 

そして院長の治療を受け、体も心も良くなったのです。

東洋医学ってすごい!と感動。

その後、院長のすすめにより鍼灸学校に入学し、在学中に結婚・妊娠・出産を経験。

ところが出産を機に、自分がそれまで築いてきた価値観が音を立てて崩れ、産後鬱に。本気で自死を考えるまでに病みましたが、主人をはじめ様々な方たちの支えのおかげで、何とか立ち直ることが出来ました。

 

現在、一人娘は9歳。

子育ても半分終わったのかなって思います。

長いようで、あっという間。人生も同じかもしれません。

 

自分自身のためでありますが、私が元気になることで、関わって下さる方々が より生き生きと輝けるようなお手伝いができれば嬉しい。そんな思いから、自分がこれまで経験してきたことや、日々感じていること、また気づいたことなどを、綴ってみたいと思いました。

 

ちなみに、勉強すること(インプット)は大好きなのですが、それを誰かに伝えたり、表現したりすること(アウトプット)が超苦手なんです。

今までほとんどしてきていないから、ですね (笑)

 

皆様のお役に立てるかどうか、挑戦してみたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

www.iori-hermitage.jp