いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

神鏡に恋焦がれて(2)

 次に向かったのは、田原本町にある鏡作神社。

f:id:ichinokai-kanazawa:20181225105836j:plain

鏡作神社 遠景

 名称からして、そのものずばり、といった感じですね。

 古代から鏡作りの部族がこの辺りに住居してたようで、江戸時代までこの地で鏡作りがされていたようです。

 かの有名な八咫(やた)の鏡、三種の神器のひとつです。

 このように立派なものが実際に見ることが出来るなんて、ほんと素晴らしいことです。

f:id:ichinokai-kanazawa:20181225110358j:plain

八咫の鏡 裏面

 この鏡面が裏になるそうです。

 いかにも天照、太陽神のように見えますね。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20181225110623j:plain

八咫の鏡 表面

 この写真、格子からの距離が短かったので、全体を撮影することが出来ませんでした。

 古代の鏡には、裏面に四神であるとか龍などの神獣が描かれていますので、おそらく鏡の裏表で神界と現界を現しているのではないのかなと想像してます。

 ですから、このように神前に鏡を置くことも、理に適っていると思えるからです。

 この鏡、古代の神事ではどのように使われていたのでしょうね。

 境内に石文がありましたので読んでみました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20181225111353j:plain

境内の石文

 最初のところに、「上代人が神の御魂の宿るものとして貴んだ鏡」とありますので、依り代として使ったのだと分かります。

 が、はたしてそれだけだったのでしょうか。

 興味は、尽きません。

f:id:ichinokai-kanazawa:20181225111747j:plain

本殿

 そしてあでやかな本殿でご挨拶を済ませ、このあと、鏡とは直接関係ないのですが、石上(いそのかみ)神宮に向かったのでした。

 

 つづく