いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

予知は可能か?

 初めての問い合わせの電話で、いきなり「〇〇の病気なんですが、治りますか?」と聞かれることが度々あります。

 悩んだ末の発言だとは思うのですが、いやいやそれより先にまず、「なんでこうなったのかを知ることが先でしょう」って思うのですが、みなさまいかがでしょうか。

 

 当然のことですが正直に「わかりません」って返答します。

 だって、ホンマにわからんのですから。

 どこそこのツボを押さえたら治る、な~んてそんな簡単なものじゃないのですよね。

 そもそも、電話対応で「治ります」っていうのも無責任で安易だと思うのです。

 

 

 

 ところで予知は可能か? でしたね。

 病気が治るか治らないかにも関わることですよね。

 f:id:ichinokai-kanazawa:20181126095831j:plain

 湯沸かしポットにスイッチを入れると、近未来にお湯が沸くと予知することができますよね。

 それまでに、湯沸かしポットをコンセントを差し込んで、水を入れて蓋をして・・・そしてスイッチを入れてと、だんだんと結果に集約されてきますよね。

 一連の意識と行為の流れです。

 これが集約されてくると、かなりの確率で未来予知の確率は上がりますよね。

 何分か後にお湯が沸くって。

 高い確率の未来予知は、物事の流れが集約した先に見えてくるものです。

 ところがです、なんらかの事態で電気ブレーカーが落ちるかもしれませんし、停電という事態が起きるかもしれません。

 ひょっとして湯沸かしポットが急に壊れるかもしれません。

 未来予知に100%は、あり得ないわけです。

 

 それにそもそも、人はそんな単純な世界で生きて無いですよね。

 仕事や人間関係、家庭環境や気候条件、もうむちゃくちゃ複雑な関係性の上で生きてますよね。

 ちょっとした夫婦間のいざこざが度重なって、今の病を引き起こしてるかもしれないじゃないですか。

 

 受験だってそうです。

 一生懸命勉強して、模試受けて合格率が高くても、当日どんな人が受験するかもしれませんし、周囲でどんなことが起きるかわかりませんでしょう。

 確実に言えることは、今の自分が持ってるもので、やるべきことを一生懸命にやって、あとは任せるしかないと思うのですよね。

 病気治しも同じです。

 これまでの生活や心持を振り返って、改めることは改めて、いま辛くっても日々気持ちよく生きる。

 自分の心身の自然治癒力を信頼して任せる。

 これが一番だと思うのですが、どうでしょうか。