いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

今日感じた感謝

 地震に大雨…自宅と治療所が大阪府にある筆者も、大自然に木の葉のように翻弄されながらも、まあなんとか通常の生活が出来ております。

 避難されてる方々、これからどうしようかと途方に暮れておられるみなさま、こころよりお見舞い申し上げます。

 

 筆者が通勤に使っております泉北高速は、幸いにも今朝、和泉中央ー中百舌鳥間は通じておりまして、中百舌鳥=西中島南方間の大阪メトロも通じておりました。

 

 乗り換えの中百舌鳥駅では、幾人かの駅員さんが大声を出しながら遅延証明を出し、ごった返した構内も、駅員さんの懸命な姿を見て、いざという時の人々の一生懸命さに、筆者はひそかに大感銘を受けておりました。

 

 少し違和感を感じたのは、電車の遅れと不通になってる区間に対する、車内のお詫びの言葉でしょうか。

 繰り返し繰り返し、お詫びのアナウンスが流れるのですが、誰もこの事態を過失と捉えて抗議する人、いないんじゃない?って思ったのですが、どうなのでしょう。

 もう、いいから…って感じでした。

 それよりもむしろ、こんな事態なのに電車動かしてくれてありがとう!!

 の、感謝の気持ちが強かったのは、ひとり筆者だけでしょうか?

 

 今朝、通学直前の小学3年の娘の元に、休校の知らせ。

 娘、やったぁ~!!! の、大喜び。

 ??? そんなに学校行くの、嫌やったんかいなって聞くと、普段できないことが出来る非日常がうれしかった模様。(それって、いったいなんやったんやろう…)

 

 そういえば、筆者も覚えがあります。

 筆者の子供の頃は、ちょっとしたことで頻繁に停電してましたので、ロウソクの灯りの元での夕食が、何となく非日常的で幻想的でワクワクしてたのを思い出しました。

 親の苦労など、全く視野に入ってませんでしたねぇ~アハハ…そこは子供でしたから(^-^;

 

 でね、担任の先生から、お子さんどうされてますかとの、お伺いの電話があったとのこと。

 加えて、登校してくる生徒を自宅に帰るように、学校の校門に風雨が厳しい中、先生方が立たれていたとのことです。

 ほんま、頭が下がりますね。

 大変なことが起きても、人のために活躍してくれる人ってたくさんいらっしゃいます。

 ほんま、ありがたいことです。

 ささやかなところで、人の気づかいを感じて、小さな感動もたくさん頂けました。

 うれしかったですねぇ。

 筆者も、自分に出来ることで、そのような方々の末席に加わりたいと感じた今日でした。

 明日、またさらに雨足が強くなるとの予報。

 みなさま、お大事に至りませんように、こころより願っております。

       f:id:ichinokai-kanazawa:20180622153110j:plain