いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

~のために

 生活のために、

 健康のために、

 子供のために、

 会社のために、

 友人のために、

   ・

   ・

   ・

 これせなあかん・あれせなあかん、こうあるべき…

 このようにおしゃる方、おおいですねぇ~。

 

 いいんですよ、人生、目的もって生きるのは。

 でもね、これって疲れません?
 それに、「~のため」ってどこか見返り求めますし。

 しんどくても努力してる姿を認めてもらいたいとか、

 感謝とかね。

 思い通りにならないと、腹立ちますよね、急にやる気なくしたりとか。

 あっ! これ筆者です。

 そうでない聖人のような方もいらっしゃると思います。

 

 また、目的や計画を立てることもいいと思います。

 が、一度立てたら早く忘れることですね。
 「捨てる」ということではないので、勘違いされないでくださいね。

 人生、予定は未定ですから。

 そんなもの、計画通りに行かないのが人生ってもんです。(分かったようなこと、書いてますねぇ~)

 

 目的に向かってまっしぐら…

 いいと思います。

 ですが、他の可能性が失われることもあると思うのです。

 目的に限局した生き方。

 個人の自由なので、筆者がとやかく言ことではないとは思います。

 が、「~のために」と思って一生懸命に生きてきて、

 最近、ちょっとしたことでつかれるなぁ~

 なんか人生面白くない、

 なんとなくむなしい…

 ホンマに、これでええんやろか…

 

 もしこんなふうに感じておられましたら、いっぺん手放してみるのもいいかもしれませんねぇ。

 いらんとは申しません。
 忘れるのがいいですね。

 どこか覚えてるもんですし。

 まっ、少なくとも「~のために」を、生きる言い訳にだけはしない方がいいと思いますよ。

      f:id:ichinokai-kanazawa:20180622153110j:plain