いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

梅雨の過ごし方(4)関節痛と湿気

 この梅雨の時期に現れる、関節痛について。

 これまでの投稿を簡単にまとめました。

 

  

 

【動画内容】

  みなさま、こんにちは。

 いおり鍼灸院の金澤です。

 この梅雨の季節によく現れる症状のひとつに、関節痛があります。

 雨の前後になると疼いたり、痛んだり、しびれたり…

 と、このような症状が現れるのは、意外に思われるかもしれませんが、この湿気が関係していることが多いのです。

 交通事故の後遺症の方の中にも、湿気の影響を受ける方がいらっしゃいます。

 この関節痛、中には何か貼りついている感じがする、とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 これまでに、湿気の影響を受けやすい方は、体液の代謝が低下している、と申し上げました。

 もし、心当たりのある方がおられましたら、お通じの状態をよく観察してください。

 下利とまではいかなくても、軟便傾向であるとか、なんとなくねっとりしているとか、場合によってはしっかりと出ているようでも、最後の方になると軟らかいといった方は、程度の差こそあれ、体液の代謝が低下していることを示しています。

 これまでに申し上げて来た内容を少し、まとめてみます。

 体液の代謝を円滑にするには、

 1.適度な運動。
 2.冷飲食をひかえる。特に就寝前。
 3.和食中心の食生活。
 4.乳製品をひかえる。
 と申して参りました。

 少し意識して行って頂くと、快適に過ごして頂けるようになります。

 今回は、これまでです。

 次回は、湿気の影響を受けないために、さらに気をつけておくとよい、食べ物についてお話しします。

それではみなさま、またお会いいたしましょう。