いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

世界平和も・・・

 時になにかやってしまって、あやまることってありませんでしょうか。

 筆者は、しょっちゅうありますが・・・

 でもね、失敗や誤りって、誰にでもあることだと思うのですよ。

 ところが、いつも相手が許してくれるとは限りません。

 そんな時、ちょっと自分を振り返ってみるのもいいかも知れません。

 言葉であやまっていても、自分を守るためになっていないかどうか。

 そしてなにか、隠そうとしていないかどうか。

 人は、誤りよりも隠そうとするそのこころこそ、絶対に許しはしないと思うのです。

 まずは、正直になることですね。

 言い訳は、火に油を注ぎますね。

 ポイントは、100%謝り切ることだと思います。

 また、いつも自分を守るためにあやまっていると、知らず知らずに失敗を恐れるようになり、いつも緊張している状態となります。

 意に反して、失敗も多くなります。

 さらにそんな状態が続くと、疲労感だけでなく人と接するのが、いつのまにか億劫になってしまいますね。

 では、どうすれば良いのでしょうか。

 過ちを犯してしまったのなら、迷惑をかけた相手に、身をゆだねるしかないでしょう。

 正直な気持ちで、相手が何を望んでいるのか、どうして欲しいのかを伝えてもらうこと。

 時に、勇気がいる場合もあるでしょう。

 それでも、ダメな場合もあります。

 が、ちゃんとあやまれたと自分で思えたら、あとは相手に任せるしかないですよね。
 ただ、ある患者さんから告白されたのですが、職場でいじめにあう場合もあるそうなので、事が深刻なことになる場合もあるようですね。

 話を聞いていると、まるで戦争のようです。

 戦争に負けると、何を失うのでしょうね。

 勝つと、何を得るのでしょう。

 世界平和も身近なところからと、願うばかりです。