読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

霊性と生きること 起稿

f:id:ichinokai-kanazawa:20170316203449j:plain

 

 先日、奈良にあります大神神社にご参拝に行って参りました。

 実に、二年ぶりです。

 信仰は? って聞かれると、多信仰です。 

 だからという訳でもないのですが、久々に行ってみようという気になったので、素直にその気に従って行ってまいりました。

 これを機会に、誰にでも備わっている霊性とその感覚について、筆者なりの思いをつらつらと書いてみようかと、そんな気にフトなりましたもので起稿した次第であります。

 筆者は治療家なので、病気治しを生業としているのですけれど、ずっと以前から、人の生きることと霊性との関連性ってどうなんだろう?って思ってたのですが、最近特にその思いがつのりまして・・・

 それはさておき、この鳥居の前に立つといつも感じること。

 鳥居の先は、何となく別世界ということです。

 なんで神社になんぞ行くのだろうとふと我に問うと、理由のない感覚に導かれてとしか言いようがないのですよね。

 これ、対象が神社だけど、恋人だったらどうでしょう?
 亡くなられた、ご両親だったら?

 なんか共通するものが根底にある様に思えるのですよ。

 

                         つづく