いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

張り合うこころ

 このブログ、最終投稿から約一年も経っていたのですねぇ。

 昨日、とある女性とお会いしてきました。約10年ぶりかな。

 しっぽり約二時間。

 でね、その女性、自分の中に確固としたものを感じるようになって、人と比べたり競争する気持ちがなくなったと話してくれました。

 なるほどなぁ・・・すごいなぁ、この人って、すっごく納得しました。

 翻って自分を見つめてみると、常に張り合う相手を探していたように思います。

 

 まだほんの子供だった頃、一緒に遊んでた近所の子たちと、川の堤防にずらりと並んで、おしっこの飛ばし合いをしてたのが思い出されます。

 おしっこが、ちょっとぐらい人より遠くに飛んだからって、それがなんやねん、って今なら笑いながら思えるんですけどね。

 でもその時は真剣。

 こどものたわいのない遊びといえばそうなのですが、ずーっとそんな感覚でこれまで生きてきたように感じています。

 今はどうなんだろう?

 外に張り合う対象は思いつかないけど、自分の中が分裂して張り合ってる感じがしてます。

 競争も、張り合う気持ちも、自我の欲にまみれてきたとはいえ、ここまで自分を引っ張てきたエネルギーなので負の面ばかりじゃなかったと思います。

 さてさて、自分の中でどう折り合いをつけるのか。

 いや多分、意図を用いても無駄のように思えます。

 どのように折り合いがつくのかを、自分の内面を眺めつつ待つのがいいのでしょう。

 今日はこれまで・・・

 またボチボチ書いて参りますので、みなさま、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170222132339j:plain