いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

診察室の窓

地震と身体、その対処(2)

前回の投稿、<地震と身体、その対処(1)>、 試してくださった方、多数いらっしゃいまして、大変効果があったと好評でした。 足の裏の湧泉穴への豆の貼り付け、試してくださいましたみなさま、ありごとうございます。 豆も、大豆、えんどう豆、アズキ豆、…

地震と身体、その対処(1)

18日月曜の朝、大阪泉北の自宅の書斎で、大きな揺れを感じながらジッとして成り行きをみておりました。 神戸の震災以来の揺れに、大変驚きました。 被災された方、今もまだライフラインが回復しておられないみなさま、心よりお見舞い申し上げます。 さて、ま…

梅雨の過ごし方(3)和食と乳酸菌

梅雨の時期に現れる心身の不調と湿気との関係とその対策。今回は、和食と乳酸菌について、ある学生との会話から。 【動画の内容】 みなさま、こんにちは。 いおり鍼灸院の金澤です。 私は週に一回、鍼灸教員養成科の授業を受け持っています。 ある日のことで…

梅雨の過ごし方(2)

この時期の体調不良は、湿気が関係していることが多いものです。 この時期を、元気で爽快に過ごすための対策を簡単に解説しました。 【動画の内容】 みなさま、こんにちは! いおり鍼灸院の金澤です。 前回、この梅雨の時期の心身の不調は、湿気が影響してい…

梅雨の過ごし方(1)

梅雨の時期は、何かと心身の不調を来しやすいものです。 この不調は、湿気が大きく関係しています。 【動画の内容】 春は過ぎ、立夏を経てついに梅雨の季節となって参りました。 みなさま、大変ご無沙汰いたしております。 この、梅雨といえば湿気。 そして…

何者にかに、なる?

梅のつぼみも次第に膨らんできていますね。 梅の開花が、待ち遠しく感じる今日この頃です。 さて、またしても社会人成り立ての若い患者さんとの会話ネタです。 一生懸命、社会で生きて行こうとされている。 素晴らしいですよね、若い方のエネルギーって。 こ…

期待するから腹が立つ

東洋医学では、感情の過不足によって生じる病を「七情の病」と言います。 病気の原因を指して、「七情の病」と言ったりもします。 例を挙げますと、この喘息は・腰痛は、七情の病だな、といった感じです。 「七情の病」そのものについては、ネットで検索して…

自己肯定感について

前回までのブログ 治めたいんだけど治まらない・・・(1) 治めたいんだけど治まらない・・・(2) このところ、 ある患者さんとの会話を通じて感じたり思ったことを書いています。 以来、自己肯定感について色々と考えてみました。 この自己肯定感、ひと…

治めたいんだけど治まらない(2)

前回ブログ 治めたいんだけど治まらない・・・(1) そこには、誰しもが持っている「存在に対する不安」があるからだと思うのです。 人に認めてもらいたい、受け入れてもらいたい、人に評価してもらいたい・・・ 誰だって持ってる欲求ですよね。 自分を、周…

治めたいんだけど治まらない・・・(1)

先日、久々に身体の不調を訴えて来院された患者さんとの会話から。 この数か月、自分の中で憤りを感じて職場の人間関係の中で、閉じこもっていると。 その方がおっしゃるには、あることがきっかけで怒りの感情が湧きあがり、以来次々と怒りが怒りを呼び起こ…

こころの不思議

当院には時々、かなり遠方から受診してくださる方がおられます。 この度も、沖縄の離島から船に乗り、飛行機に乗り、電車を乗り継いで、おいでくださいました。 離島からは、これまで数人の方がお見えになりましたが、その方々に共通していることがあります…

春・・・さまざま

はじけそうな、梅のつぼみ 梅の花が、チラホラ咲き始めていますね。 この時期は、なにも無くても、なんとなくうれしい気持ちになりますね。 ブログ更新、久々です。 みなさま、いよいよ始まる春本番を前に、いかがお過ごしでしょうか。 実は立春を過ぎたあた…

育ての親より・・・

菊・・・古風で落ち着いた感覚がする お正月気分も、ようやく抜け出したかな?と思いきや急な寒波。 年明けから、お腹の不調を訴える方、多いですね。 七草粥も終わりましたが、しばらくあっさりとしたもので少食にすると、回復が早いですし快調になりますよ…

症状と浄化

アザミの、ふんわりとしたわた毛 辛い症状が、意外と浄化であることも。 東洋医学では、「元気」が弱ると邪気がはびこるようになり、ついには自力で回復し難い病的状態になってしまうと考えます。 元気が弱る=気枯れてくると、今まで元気の本であったものが…

けがれの浄化

遠景と近景 織り成す神々の山 金剛山より 「一の会」で行っています呼吸瞑想を、日課として行いながら通院くださってる方から。 『物事を隠そうとか、取り繕おうとするよりも、素直に正直に表現して相手の意見や思いを聞こうとしてみたら、自分が恐れていた…

けがれると、病気になる・・・

寒風にもかかわらず、咲こうとしているのですねぇ 久々のブログ更新です。 たまたまジョギングしている時に、「穢れ」って一体どういうことなんだろうと、ふと、思いまして。 何かの本で「気枯れ(けがれ=きがれ」と書いてあったことが浮かんできて、どうい…

言葉を通じて伝わるもの

まだまだ草花を楽しめますね 東洋医学では、感情の過不足による病を『七情の病』として具体的な身体状況から捉えます。 「七情の病」は現代病のほとんどに関係しているのです。 例えば、世の中には怒りをエネルギー源にして生きている人がけっこう多いですが…

身体は大自然-焦点の当て所

近くの花壇で だれしも身体症状は、辛い。一時も早い消失を願います。 が、しかし症状というのは、何も悪い面だけではないのです。 東洋医学では、身体に有害な気を「邪気」と称します。 たとえ身体に有益な食べ物であっても、つかえて停滞すると即「邪気」…

治りますか・・・

近くの花壇で 時々、ホームページなどをご覧頂いた方から、メールや電話で「治りますか?」という問い合わせがあります。 メールでは、事細かに西洋医学的な病名と今までの経過やデーターを書いて、解決方法を問うて来られる方もいらっしゃいます。 お困りな…