いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

甘味の効用

この甘草、漢方薬ではどのような目的で用いられるかと申しますと、気の動きゆっくりさせる作用を利用します。 たとえば、漢方薬をお腹に長く留めて、じっくりと効果を持続させたいときは、この甘草の量を増やします。 極端な場合ですと、下痢を止める場合に…

白・黒砂糖とその働き

前回のブログ『風邪と熱中症』の中で、甘味について少し触れましたので、甘味の代表選手、砂糖の健康に対する良し悪しについて少し書いてみます。 食養をされておられ方や、自然食にこだわてあられる方から、ちょくちょく「白砂糖」は体に良くない、というよ…

風邪と熱中症

最近、2週間ぶりに来院された方が、6月の後半に風邪を引いた後に、熱中症になったというではありませんか。 筆者、もうびっくりしました…なんで? 経過を良く聞くと、風邪と熱中症、どうも違うんですね、これが。 みなさま、ど緊張して手足が冷たくなったと…

今日感じた感謝

地震に大雨…自宅と治療所が大阪府にある筆者も、大自然に木の葉のように翻弄されながらも、まあなんとか通常の生活が出来ております。 避難されてる方々、これからどうしようかと途方に暮れておられるみなさま、こころよりお見舞い申し上げます。 筆者が通勤…

飲水と夏バテ

先週の炎天下から、梅雨模様の天候となって参りました。 患者さんの中にも、ちょっとしんどくって、少し食欲も落ちて来た、とおっしゃる方もちらほらいらっしゃいます。 いわゆる、夏バテの兆候ですね。 この夏バテ防止のための秘訣をひとつ、今回書きますね…

サラサラとベトベトの汗

昨日、学校の授業で学生から、以下のような質問がありました。 汗がサラサラの時と、自分の汗ながら何かベトベトして気持ち悪く感じる時があるのですが、この違いは一体何を現しているのでしょうか、という内容です。 東洋医学は、検査器具を一切用いません…

地震予知、愉快犯or売名?

みなさま、梅雨の間の暑気、なかなかしんどいですね。 今回は、我が家の妻との夕食時の会話から。 たまたまらしいのですが、妻のSNSの友人のそのまた友人の投稿を身て不安になってしまったとのこと。 その投稿とは、今後6週間以内にまた関西のどこかで震度7…

うるさいねんって!

先日お見えになられた、キャリアの女性患者さん。 いつも受診前に、ここ最近の体調を書き綴ったメールを送ってきてくださる、大変ありがたい方です。 主訴の喘息も再発することなく、順調な経過をたどっておられます。 ところが今回のメールには、 「やる気…

~のために

生活のために、 健康のために、 子供のために、 会社のために、 友人のために、 ・ ・ ・ これせなあかん・あれせなあかん、こうあるべき… このようにおしゃる方、おおいですねぇ~。 いいんですよ、人生、目的もって生きるのは。 でもね、これって疲れませ…

食と人生の運?

東洋医学では、望診術という診察方法があります。 顔のある部分に現れる特徴的な色や艶などで、精神状態や体調を診て判断いたします。 「だまって座れば、ぴたりと当たる」と言われた観相の大家、水野南北という人がいたそうで、筆者も何冊か読んだことがあ…

節制と禁欲

前回、「食と人生の運?」についてについて書きました。 要点は、簡単です。 「腹八分目、医者いらず」 「禁欲的にならない」 この2点です。 が、節制となるとやはり、「がまん」という、このくそ恐ろしいパワーが必要になって参ります。 程度の差はあるにし…

向き合うことと精神薬

前回ブログ「精神薬にまつわるお話」 の中で、一旦服用を始めると次第に薬の種類も量も増えてしまうと書きました。 筆者は、西洋医学の医師ではありませんので、臨床現場状況も詳しい薬理も分からないという前提でお読み下さればと思います。 そうです、この…

精神薬にまつわるお話

精神疾患で鍼灸治療を続けて頂いて、次第に良くなって来ますと今度は精神薬の離脱が課題になって参ります。 その際、廃薬に向けて、精神科医の理解と協力が非常に重要なキーポイントとなります。 当然、患者さんが良くなるという前提でです。 現在、双極性障…

地震と身体、その対処(2)

前回の投稿、<地震と身体、その対処(1)>、 試してくださった方、多数いらっしゃいまして、大変効果があったと好評でした。 足の裏の湧泉穴への豆の貼り付け、試してくださいましたみなさま、ありごとうございます。 豆も、大豆、えんどう豆、アズキ豆、…

地震と身体、その対処(1)

18日月曜の朝、大阪泉北の自宅の書斎で、大きな揺れを感じながらジッとして成り行きをみておりました。 神戸の震災以来の揺れに、大変驚きました。 被災された方、今もまだライフラインが回復しておられないみなさま、心よりお見舞い申し上げます。 さて、ま…

梅雨の過ごし方(4)関節痛と湿気

この梅雨の時期に現れる、関節痛について。 これまでの投稿を簡単にまとめました。 【動画内容】 みなさま、こんにちは。 いおり鍼灸院の金澤です。 この梅雨の季節によく現れる症状のひとつに、関節痛があります。 雨の前後になると疼いたり、痛んだり、し…

梅雨の過ごし方(3)和食と乳酸菌

梅雨の時期に現れる心身の不調と湿気との関係とその対策。今回は、和食と乳酸菌について、ある学生との会話から。 【動画の内容】 みなさま、こんにちは。 いおり鍼灸院の金澤です。 私は週に一回、鍼灸教員養成科の授業を受け持っています。 ある日のことで…

梅雨の過ごし方(2)

この時期の体調不良は、湿気が関係していることが多いものです。 この時期を、元気で爽快に過ごすための対策を簡単に解説しました。 【動画の内容】 みなさま、こんにちは! いおり鍼灸院の金澤です。 前回、この梅雨の時期の心身の不調は、湿気が影響してい…

梅雨の過ごし方(1)

梅雨の時期は、何かと心身の不調を来しやすいものです。 この不調は、湿気が大きく関係しています。 【動画の内容】 春は過ぎ、立夏を経てついに梅雨の季節となって参りました。 みなさま、大変ご無沙汰いたしております。 この、梅雨といえば湿気。 そして…

世界平和も・・・

時になにかやってしまって、あやまることってありませんでしょうか。 筆者は、しょっちゅうありますが・・・ でもね、失敗や誤りって、誰にでもあることだと思うのですよ。 ところが、いつも相手が許してくれるとは限りません。 そんな時、ちょっと自分を振…

何者にかに、なる?

梅のつぼみも次第に膨らんできていますね。 梅の開花が、待ち遠しく感じる今日この頃です。 さて、またしても社会人成り立ての若い患者さんとの会話ネタです。 一生懸命、社会で生きて行こうとされている。 素晴らしいですよね、若い方のエネルギーって。 こ…

期待するから腹が立つ

東洋医学では、感情の過不足によって生じる病を「七情の病」と言います。 病気の原因を指して、「七情の病」と言ったりもします。 例を挙げますと、この喘息は・腰痛は、七情の病だな、といった感じです。 「七情の病」そのものについては、ネットで検索して…

自己肯定感について

前回までのブログ 治めたいんだけど治まらない・・・(1) 治めたいんだけど治まらない・・・(2) このところ、 ある患者さんとの会話を通じて感じたり思ったことを書いています。 以来、自己肯定感について色々と考えてみました。 この自己肯定感、ひと…

治めたいんだけど治まらない(2)

前回ブログ 治めたいんだけど治まらない・・・(1) そこには、誰しもが持っている「存在に対する不安」があるからだと思うのです。 人に認めてもらいたい、受け入れてもらいたい、人に評価してもらいたい・・・ 誰だって持ってる欲求ですよね。 自分を、周…

治めたいんだけど治まらない・・・(1)

先日、久々に身体の不調を訴えて来院された患者さんとの会話から。 この数か月、自分の中で憤りを感じて職場の人間関係の中で、閉じこもっていると。 その方がおっしゃるには、あることがきっかけで怒りの感情が湧きあがり、以来次々と怒りが怒りを呼び起こ…

洗脳?

知らない間に自分の心にしみついている、社会通念や価値観。 この社会通念や価値観で、こころは反応し、思考し、行動してしまっています。 その中のひとつ、最近筆者自身が感じていること、「向上心」 これって、ひょっとして、洗脳? 向上心が人を社会を、…

八百万の神と自分

世界中で最も多様な宗教が存在しているのは、実は日本だと言われています。 そんな中でも、神道は古くから信仰されてきています。 神道の考えに、八百万の神というものがありますが、あらゆるところに神が存在していると言う事ですよね。 鍼灸医学は、ひとり…

気憶?

みなさま、大変ご無沙汰しております。 各種セミナーで、板書する機会が多いのですが、よく指摘されるのが誤字。 最近指摘されたのが、この気憶。 正しくは、記憶なのですがこの「気憶」 我ながら、東洋的な造語? だと思うのですがいかがでしょうか。 確か…

霊性というもの

霊性について思う時、その薄れを感じることが多々あります。 悲しいかな、筆者も自分に対してそのように感じるのです。 例えば、更地に家を建てる時に、敷地にしめ縄を張って祝詞をあげてもらうのが一般的です。 よく見かけますよね、起工式とかにしめ縄張っ…

霊力は元気

いきなり「霊力」って書きましたが、強弱の差こそあれ誰でもが持ち合わせている力です。 筆者の感覚では、霊力=元気なんです。 一般的な常識として、肉体を維持するパワーの源は、空気(天の気)と飲食物(地の気)に培われていると思われています。 確かに…