いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

子供と鏡餅

12月も半ばにさしかかって着ました。 年末が意識に上ってくる時期になって参りましたね。 お正月に向けて、お掃除やらなにかとこれからあわただしくなってきます。 筆者が子供の頃は、親たち親戚が集まって餅を搗いていたのですがいたのですが、それにまつわ…

予知は可能か?

初めての問い合わせの電話で、いきなり「〇〇の病気なんですが、治りますか?」と聞かれることが度々あります。 悩んだ末の発言だとは思うのですが、いやいやそれより先にまず、「なんでこうなったのかを知ることが先でしょう」って思うのですが、みなさまい…

おとうさん、おかあさんへ

この頃は健康意識の高まりもあるのでしょう、洗剤や食べ物、衣類や化粧品に至るまで自然志向の方に多く遭遇します。 これはこれで、結構なことだと思います。 おとうさん、もしくはおかあさんが、ご家庭で毎日イライラしていたり怒ってばっかりいたら、こど…

なんでか神道

11月19日(月)、奈良県御所市にあります葛城御歳神社で「かんながらのみちの話」を聞きに行ってきました。 先ずは境内に立ち入り、ご祭神にご挨拶。 天候は今ひとつでしたが、簡素な佇まいで清々しい気で満ちていました。 なんで神道のお話しを聞きに行った…

大人と子供の尾の引き方

感情というのはある一面、心のエネルギーの波のようなものじゃないでしょうか。 沸き起こった感情は、人を動かしますし、周囲の人の心にも影響しますよね。 感情は、人を生き生きとさせる反面、人を深く傷つけます。 喜びだと、影響されると幸せになりますが…

パニック障害・過換気症候群の原因と対処法

みなさま、しばらくぶりです。 感情が原因している病を、東洋医学では「七情の病」というのですが、鬱積した感情が爆発的に解放しようとする姿が、過換気症候群を生じさせます。 パニック障害も病理はちょっと複雑になりますが、感情の鬱積という点では同じ…

感情のしこりねぇ~。

光陰矢の如し… あっという間に日時は過ぎて、なんともう11月ではありませんか。 日常の臨床にまみれて、ブログもすっかりご無沙汰です。 このところ、精神疾患を患った方の受診が相次ぎまして、何がこの人を病にまで追いやってしまったのかを、日々考えさせ…

熊野速玉神社・熊野本宮大社 熊野

しばらく投稿に間が開いてしまいました。 20日、小雨が降る中、神倉神社を後にしまして、熊野速玉神社へと車を向けましてすぐの到着。 今になって、一枚も写真が無いことに気が付きました。(^-^; ですが、筆者の脳裏にはくっきりとその美しい朱色の神殿は残…

神倉神社 熊野

翌20日は、あいにく小雨ぱらつく天候となってしまい、伊勢への参拝は次回日を改めてということになり、このまま熊野でゆっくりと過ごすことに。 コンビニで傘を買い求めて、いざ神倉神社へ。 何とも趣のある橋を渡り、左手に曲がるとすぐに鳥居が見えます。 …

那智大社 熊野

そして19日(日)午後4時過ぎ、本日最後に参拝したのが那智大社です。 十数年前、初めてこの地を訪れて、遠くから那智の滝を目にしたときに、白い竜が身をくねらせて昇っているように見えて、わが目を疑った記憶があります。 写真の風景、いかにも日本的情緒…

熊野本宮大社 熊野

今回の熊野ツアーは、玉置神社を皮切りに次いで訪れたのが熊野本宮大社です。 ここは10年ぶりくらいでしょうか。 郷里、兵庫県福崎町の治療所を閉じ、大阪に出てきて間もないころに参拝してますので、思い出深いものがあります。 誰でもが経験するでしょう、…

玉置神社 熊野

今月の19日日曜日、家族と一緒に熊野ツアーに行って参りました。 まず最初に訪れたのは、奈良県十津川村にあります、玉置神社です。 実に十数年ぶりです。 最初の写真は、玉置神社の駐車場からの景色です。 到着して、いきなりスッとしました。 遠景と近景、…

生きようとする力

大阪医療技術学園で、鍼灸医学を学んでおられる川村淳子さんが、昨日治療所で色々お話しさせていただいたことを、早速フェイスブックに投稿してくださいました。 https://www.facebook.com/junko.kawamura.90038?fref=pb&hc_location=profile_browser なんか…

けがれと病

8月7日は立秋でしたね。 七十二候の初候は涼風至る、ですが台風の影響なのでしょうか、このところ朝夕が涼しく感じて、心身共にホッとしますね。 この日は奈良県吉野の、みたらい渓谷に家族で日帰りで行って参りました。泉北の自宅から片道2時間のプチ旅行で…

金剛山

先日7月31日(火)ひとりで金剛山に昇ってきました。 動画は、登山時の帰り道の時のもの。 沢を下る水音がとても気持ちよく感じたのですが、どうも動画音声ではうまく拾えて無いようです。 気持ちよく流れる下りの登山道と、下る沢の水流の気のコラボがとて…

そんなの、見ないよっ

昨日の午後は、5年に一度の運転免許の更新に行って来ました。 今回は、4年前のたった一度の過ちで、優良から一般運転者となりました。 ショッボ~ン(-.-) まあ、それはよろしいんですけど、かなわんのが免許更新講習に組み込まれている、あの悲惨な事故現場…

言葉遊び

先日、フェイスブックで見つけた名言です。 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから 性…

思い通りにいかん時

あぁ〜もう、なんでこないなんねん! って、なかなか思い通りにならず、イラっついてしまうことってありません? 筆者も、時々?やらかします。 でね、そんな時にこそ思うべきいいこと、思いつきました。 あぁ〜、思い通りにならんなぁ、と思ったら。 ちょと…

一緒になって、悩まない

筆者、実は「鍼道 一の会」会員用ブログに毎日投稿しておりまして、今回その一部を公開して書いてみたいと思います。 要点は、ひとつです。 自分以外のことで、悩まない、怒らない、引きずらない、と言う事です。 治療者が接するお相手は、痛い、しんどい、…

甘味の効用

この甘草、漢方薬ではどのような目的で用いられるかと申しますと、気の動きゆっくりさせる作用を利用します。 たとえば、漢方薬をお腹に長く留めて、じっくりと効果を持続させたいときは、この甘草の量を増やします。 極端な場合ですと、下痢を止める場合に…

白・黒砂糖とその働き

前回のブログ『風邪と熱中症』の中で、甘味について少し触れましたので、甘味の代表選手、砂糖の健康に対する良し悪しについて少し書いてみます。 食養をされておられ方や、自然食にこだわてあられる方から、ちょくちょく「白砂糖」は体に良くない、というよ…

風邪と熱中症

最近、2週間ぶりに来院された方が、6月の後半に風邪を引いた後に、熱中症になったというではありませんか。 筆者、もうびっくりしました…なんで? 経過を良く聞くと、風邪と熱中症、どうも違うんですね、これが。 みなさま、ど緊張して手足が冷たくなったと…

今日感じた感謝

地震に大雨…自宅と治療所が大阪府にある筆者も、大自然に木の葉のように翻弄されながらも、まあなんとか通常の生活が出来ております。 避難されてる方々、これからどうしようかと途方に暮れておられるみなさま、こころよりお見舞い申し上げます。 筆者が通勤…

飲水と夏バテ

先週の炎天下から、梅雨模様の天候となって参りました。 患者さんの中にも、ちょっとしんどくって、少し食欲も落ちて来た、とおっしゃる方もちらほらいらっしゃいます。 いわゆる、夏バテの兆候ですね。 この夏バテ防止のための秘訣をひとつ、今回書きますね…

サラサラとベトベトの汗

昨日、学校の授業で学生から、以下のような質問がありました。 汗がサラサラの時と、自分の汗ながら何かベトベトして気持ち悪く感じる時があるのですが、この違いは一体何を現しているのでしょうか、という内容です。 東洋医学は、検査器具を一切用いません…

地震予知、愉快犯or売名?

みなさま、梅雨の間の暑気、なかなかしんどいですね。 今回は、我が家の妻との夕食時の会話から。 たまたまらしいのですが、妻のSNSの友人のそのまた友人の投稿を身て不安になってしまったとのこと。 その投稿とは、今後6週間以内にまた関西のどこかで震度7…

うるさいねんって!

先日お見えになられた、キャリアの女性患者さん。 いつも受診前に、ここ最近の体調を書き綴ったメールを送ってきてくださる、大変ありがたい方です。 主訴の喘息も再発することなく、順調な経過をたどっておられます。 ところが今回のメールには、 「やる気…

~のために

生活のために、 健康のために、 子供のために、 会社のために、 友人のために、 ・ ・ ・ これせなあかん・あれせなあかん、こうあるべき… このようにおしゃる方、おおいですねぇ~。 いいんですよ、人生、目的もって生きるのは。 でもね、これって疲れませ…

食と人生の運?

東洋医学では、望診術という診察方法があります。 顔のある部分に現れる特徴的な色や艶などで、精神状態や体調を診て判断いたします。 「だまって座れば、ぴたりと当たる」と言われた観相の大家、水野南北という人がいたそうで、筆者も何冊か読んだことがあ…

節制と禁欲

前回、「食と人生の運?」についてについて書きました。 要点は、簡単です。 「腹八分目、医者いらず」 「禁欲的にならない」 この2点です。 が、節制となるとやはり、「がまん」という、このくそ恐ろしいパワーが必要になって参ります。 程度の差はあるにし…