いおり日記

大阪市淀川区 旧いおり鍼灸院 一の会鍼灸院と内実ともに改めました。 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

病気治しのコツ?

 みなさま、こんにちは!

 病気治しのコツって表題ですが、そもそも人は何で病気になると思われますか?

 昔と違って、猛威を振るった赤痢やコレラなどの伝染病は、公衆衛生の整備ですっかり姿を消してしまいました。

 もう、こんな病気、知らない人がほとんどでしょうね。

 なのにです、次々と聞いたこともないような新しい病名の病がどんどん増えてますよね、このところ、ずっと。

 

 ところで、病気を治すこと。

 そら大事なことですよ。

 でも、あんまり病にだけ焦点を当てない方がよろしいかと、常々思うのですよ。

 人ってね、見た方向に進んでしまうって面もありますからね。

 不安の現実化する力って、そら大きいですから。

 

 はじめから人は病むようにできているのでしょうか。それとも病まないようにできてるのでしょうか。

 

 筆者は、後者だと思いたいですね。

① 夜はぐっすりと眠れて、

② 何でも過不足なく美味しくご飯が食べられて、

③ 適度に運動することを楽しめて、

④ 周りも自分のこころにも争いごとが無く、心穏やかに毎日の生活を楽しむことができる。

 

 たったこれだけのことで、そうそう人は病まないと思うのですよ、特に現代は。

 ですが、これほど難しいことはないのも現代ですね。

 

 毎日毎日おもろいことばかりのはずがない…

 確かに。

 ですがそれさえも山あり谷ありを楽しめると良いですよね。

 過去を振り返ると、つらかった時代が懐かしく感じることもあるじゃないですか。

 そういう筆者も、眠れない夜はたま~にあります。

 だから問題解決の策を考えたり、問題の受け止め方を探ったりと自分と向き合うことができるのですよね。

 

 大好きなお酒を過ごしてしまうこともあります。

 過ごしてしまうと体調的にはつらいですが、楽しく飲めて過ごしてしまうなんて、これこそ豊かなあかしじゃないでしょうか。

 

 このようなこと、生きていれば当然の事じゃないですか。

 

 病にばかり目を向けるのではなく、①~④のような、人が生きることの原点に立ち返って、自分や家族の現状を見つめなおすと、意外や意外、悪戦苦闘してた病から解放されるかもしれませんよっ。

 

天候と身体

 みなさま、こんにちは!

 随分と久しぶりの投稿です。

 実は6月末に治療所を移転しまして、名称も「いおり鍼灸院」から「一の会 鍼灸院」と変わりまして、より公益性の高い治療所として出発しております。

 この間、まあ繁忙でして、年代物のCPUがフル活動でした。

 移転のお話が急であっという間に事が進みましたので、ホームページの書き換えもできておりませんが、移転と名称変更の告知は致しておりますので、下記アドレスでご確認頂けたらと思います。

 http://www.iori-hermitage.jp/

 

 さてこの時期、梅雨ですね。

 例年ですと、蝉が鳴き初めてしばらくすると梅雨明けだったのですが、今年は蝉がうるさいほど鳴いているのに、まだ梅雨明けしません。

 しかも、気温もそんなに上がりません。

 この気温の上がらない梅雨の影響で、様々な身体症状を目にする機会が非常に多いのです。

 梅雨時期の身体の特徴的な状態と言えば、体液の循環不全を来しやすいことです。

 湿度が高いと、身体の毛穴から水分が蒸発しません。

 加えて気温が上がらない→代謝が上がらない。

 結果どういうことになるかと申しますと、体液の停滞が気血の流れを阻むことになるのです。

 体液の代謝が悪くなりますと、明確に現れるのが大小便の状態です。

 おしっこは、毎回計る訳にはいかないので、なんとなく少ないかな?程度の自覚しかないと思います。

 うんちに関しては、粘っこくなったり軟便、下痢傾向が現れて排便後もすっきりとしません。

 この程度ならよろしいのですが、身体のどこにどの程度体液が停滞しているかによって、様々な病変が現れます。

 吐き気や食欲不振、頭痛、めまい、腰痛、皮膚病、風邪によく似た発熱、喉痛などの疾患、うつ病などの精神疾患、さては生理痛や月経異常などほんとに多彩です。

 手足口病も大流行とのことですが、東洋医学からみますと体液の代謝異常に起因した疾患です。

 

 最近よく遭遇する女性の生理状態として、いつもより出血量が少ないのに、おりものが異様に多いという方です。

 おりものも、体液ですから循環せず停滞したものが、下に降りてきて気血の流れを阻んで出血が十分行われないというものです。

 下腹部は、なんか脹った感じがするといったものから鈍痛まで色々とバリエーションがあります。

 

 さて、このような気候でどのようにして過ごせば調子よく過ごせるのかといったことですよね。

 ポイントは、代謝を上げること、です。

 先ずは冷たいものを極力避けて、温かいものを口にする。

 冷房下で長く過ごしておられる方は、しっかり入浴したり適度な運動をして発汗させるなどです。

 適度に汗をかけば、ぼんやりとしていた頭も、すきっとするはずです。

 金澤は、山に登ってこようと思います。

 梅雨明け、もうしばらく先になりそうですが、みなさま、うまくお過ごしくださいね。

 それでは!

 

 

レッテルを貼ってたのは私だった?!

こんにちは

いおり院長の奥さんです。(自己紹介はこちらです)

「いおり日記」に ご訪問、ありがとうございます(*^^*)

 

新学期が始まり、早くも3週間。

 

我が家の小学4年生の娘は、お友達との待ち合わせ時間を過ぎても、本を読んだり 何かに夢中になって遊んだりしていることが多いです。

 

私はそれに対して、つい「早くしなさい」とか「お友達を待たせないで」とか、うるさく言ってしまいます。

 

先日など、ついイラっとして「人を待たせて平気な奴は嫌い」とか「時間泥棒やで」とか、言ってしまったんですよね💦

 

そんな朝を続けていて、ふと思ったことがあるのでシェアさせていただきますね。

 

 

私が娘にやいやい言うのは、

 

大人の社会において、時間を守らない人に対して貼られがちな「あいつは時間にルーズなやつだ」っていうレッテル、

 

それが嫌だからなんだな、と思いました。

 

自分の娘にそのレッテルを貼られることを「私が」嫌がってる。

 

そして、「時間にルーズな奴は、周りの人たち(お友達)に愛想をつかされる」・・・って妄想がムクムクとわいてくる。

 

そうだったんだ。

 

実際、そんな私の妄想をよそに、娘のお友達は毎日同じように娘と一緒に登校してくれてますし、愛想をつかすことなく遊んでくれています。

 

ケンカもほぼ毎日してるようですが。笑

 

この子に愛想をつかすかどうかは、お友達が決めることなんだな。

 

これから大人社会に移行していっても、そういうレッテルを貼るかどうかは、周りに居る大人たちが決めること。

 

仮に、貼られたとしても、

この子の魅力が最大に発揮されていて、関わる人たちがいてくれたら、それでいいんじゃないか?

 

世の中には、多少の何かがあっても それを上回る魅力をお持ちの方がたっくさんいらっしゃいますもんね。

 

 

・・・と、ここまで書いて、

 

娘に「時間にルーズ」レッテルを貼っていたのは、他ならぬ私かもしれない・・・って思いました。

 

これは、一旦リセットしなくては。(*_ _)人

レッテルを剥がしてみたら、今までと違う景色が見えるかもしれません。

 

 

 ところで 以前、娘に

「朝からやいやい言われたいんか?」って聞いたら、

「言われたい♡」だって。

 

今朝も、娘は約束してる時間を過ぎてものんびりやってましたが、迎えに来たお友達と仲良く登校していきました!

 

何とも、ありがたいことです(*^^*)

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

いおり鍼灸院|大阪・西中島の東洋医学専門治療院

f:id:yinandyang1008:20190211085537j:plain

全力を出し切ったら○○が生まれる

こんにちは

いおり院長の奥さんです。(自己紹介はこちらです)

「いおり日記」に ご訪問、ありがとうございます(*^^*)

f:id:yinandyang1008:20190409153221p:plain

淡路島・花さじき

日増しに暖かくなってきた…かと思えば、今日はちょっとひんやりします。

「花冷え」っていう言葉がぴったりな感じです。

 

この春、人生の新たなステージに立たれた方々、おめでとうございます! 

 

今日は、私の友人親子から気づかせてもらったことを書いてみたいと思います。

 

友人の娘さんは、この春から高校生。

念願の第一志望校に合格されました!👏👏👏

 

友人曰く、何事にも全力で取り組むお嬢さんなんだそうです。

 

今回の志望校受験に向けての取り組みも、ハンパなかったそう。

時には落ち込んで動けなくなるほどに。

まさに全力を尽くして挑んだ志望校。

友人も、そんな彼女を全力でサポートしていました。

 

そして迎えた合格発表の当日。

ひそかに慰めの言葉を忍ばせて、娘さんと共に向かった会場で、

二人一緒に号泣したそうです。

 

Kちゃん、本当におめでとう\(^o^)/\(^o^)/
これから始まるワクワクがいっぱいの高校生活、最高に楽しんでね。


🌸🌸🌸

この話を聞いて、私にも感動が訪れました!

そして感じたこと。

 

Kちゃんは全力で取り組み、友人も全力で応援した。

そこにあったのは、 

強い意志と、失敗を恐れない勇気。

全力を尽くす行動力。

そして

母 (家族) の愛。

指導者の導き。

友情。


それらが織りなすように相和して、感動が生まれたんですね。

 

 

見事、彼女は結果を出しました。 

けれども、たとえ結果が出なかったとしても、このことはきっと友人親子にとっての宝物になると思います。

 

 

これって、人生においても同じだなって思います。

 

失敗を恐れて、ぬるく生きてたら手に入らないものがある。

 

 

もちろん、頑張り過ぎてしまった時は 休むことも必要。

 

だけど、無理しない = 手を抜く ではないんですね。

(私自身、勘違いしていました(;^_^A )

 

「感動」を「共有」できる喜び。

私も、友人親子のように、感動の共有がしたいです。

 

f:id:yinandyang1008:20190409151758j:plain

満開の桜🌸全力で咲いています🌸

 

自然界はいつも精一杯。

だからこそ、見る人の心に感動を与えるのではないかと思います(*^^*)

 

私も、今日一日を精一杯、生きよう!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

いおり鍼灸院|大阪・西中島の東洋医学専門治療院

f:id:yinandyang1008:20190211085537j:plain

治療の仕方について

こんにちは

いおり院長の奥さんです。(自己紹介はこちらです)

「いおり日記」に ご訪問、ありがとうございます(*^^*)

 

春ですね!

f:id:yinandyang1008:20190321162413j:plain

 

先日、近くのカフェでランチしてきました。

 

そしたら、そこのオーナーさんが、「ブログ読んでますよ」って!


ブログ初心者なんですが、読者さんがいてくださるなんて。。

嬉し恥ずかしです(〃∇〃) 

 

 

そのオーナーさんは、最近 肩凝りがひどくて困っておられるとのこと。

そして「鍼灸院されてるんですよね。鍼灸、いいですか?」って仰いました。

 

春の「気」は、内から外へ、下から上へと動きやすいので、

何か不調があると、身体の上部(頭部・顔面・肩など)に症状が出ることが多いです。

 

あぁ、春だなぁーって感じつつ、

 

オーナーさんには、

鍼灸師が10人いたら10通りの治療の仕方がありますので、

合う、合わないはあると思います。

 

と、お答えしました。

 

実際、いおり鍼灸院の院長副院長の治療の仕方は同じではありません。(全く違うとも言えます)

 

二人に共通することと言えば、肩凝りの患者さんの「肩」に鍼をすることは ほぼないということ。

 

いおり鍼灸院では、肩が凝ってても手足や背部、頭などに鍼されることが多いです。

(初めての方はちょっと驚かれますが…)

 

なぜ、肩に症状が出ているのか」というところを診ているからです。

 

肩が痛いとしても、悪いのは肩だとは限らない

 

つまり、体のどこかで、何らかの「原因」があり、

結果として症状を出しているのが肩なんですね。

 

いおりでは、その「原因」を探して、治療していきます。

 

基本的に〝身体は無駄な症状は出さない〟と考えていますので、

「原因」となっている部分が整えば、症状を出す必要がなくなり、自然と治まるのですね。

 

あるいは鍼灸治療をしなくても、患者さんの日常生活の中で、何かを変えることによって良くなることもあります。

 

症状が出た時は、何かに気づき変化するチャンス。

そんな風に考えています。

 

ちなみに、私は治療家ではないですが、

鍼は、詰まっているところを通したり、逆に不足になっているところに集めてきたりすることに長けていると思います。

 
自分の身体に備わった力を最適に発動させるための一手として、ご利用いただければ幸いです(*^^*)

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

いおり鍼灸院|大阪・西中島の東洋医学専門治療院

f:id:yinandyang1008:20190211085537j:plain

春の大掃除?

こんにちは

いおり院長の奥さんです。(自己紹介はこちらです)

訪問して下さり、ありがとうございます(*^^*)

 

先日、花粉症関連の記事を書きました。

花粉症の薬から、あれこれ思うこと - いおり日記

 

実は私、3月に入った頃からちょっと体調を崩していました。

夜、お布団に入ってから明け方まで断続的に咳が出て、時に激しく咳き込んでました。

 

うーん、これって花粉の影響?…なんて思いも少し頭をよぎりましたが。

 

我が家は家族3人、同じ寝室で寝ているのですが、夜中に私が咳き込むと、主人が目を覚ましてしまうんですね。(娘はビクともしません 笑) 

 

自分が眠れないのはもちろん辛いんですが、

夜中に何度も、私の咳で眼を覚ますという状態が何日も続くと、さすがの院長も参ってしまうみたいで。

 

「ちょっと、勘弁してくださいよ〜🙏」

 

…って、心の声が^_^;

 

鍼治療してやるって言ってくれてたのですが、治療してもらうタイミングがなかなか合わない。

 

というわけで、これを試してみました。↓

f:id:yinandyang1008:20190314103157j:plainf:id:yinandyang1008:20190314103228j:plain


「ベタやけど、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を試してみたら?」

って、院長がアドバイスをくれたので、さっそく煎じて服用してみたところ、

 

けっこう経過が良いです。


鼻水がたくさん出るようになり、ひどい咳は治まってきました(*^^*)

 

そしてそれだけじゃなく、

脇の下にあった「グリグリ」や、お尻にできていた「おでき」も引っ込んできたんです。

(お食事されている方、すみません<(_ _)>)

 

我ながら、色々と溜めていたんだなぁ・・・(;^_^A

 

まだ咳や鼻水は出てますが、

 

体は〝お掃除モード〟になっている感じがします。

 

これはチャンス!ということで、いらないものをお掃除して、スッキリさせます♪

 

この時期の不調は、「春の大掃除」と捉えてみてもいいかもしれませんね(*^^*)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

いおり鍼灸院|大阪・西中島の東洋医学専門治療院

f:id:yinandyang1008:20190211085537j:plain

花粉症の薬から、あれこれ思うこと


 こんにちは。

 いおり院長の奧さんです(自己紹介はこちらです)

 訪問して下さりありがとうございます(*^^*)

 

 今年はやはり温かいですね。

 先日、近くにある山に登ってきたのですが、半袖でも大丈夫かと思うほどの「春の陽気」がいっぱいでした。

f:id:yinandyang1008:20190228085349j:plain

 

 勤め先の薬局でも、インフルエンザはすっかり影を潜め、花粉症の患者さんがたくさん来られています。

 あちらこちらで春を感じる日々です。

 

 ところで、花粉症の方には もれなくと言っていいくらい「抗アレルギー剤」が処方されるのですが、

 けっこう高い値段の割には あまり功を奏していない方が多いように感じています。

 テレビCMみたいにスッキリしてない方、結構いらっしゃいます。(個人的感想です(^^;))

 なぜでしょうね。

 

 いおり鍼灸院では、花粉症という病態には、

 「花粉が主犯ではない」という立場に立って、治療をしています。

 つまり、花粉症=花粉アレルギーとは限らないということですね。

 そう考えると、抗アレルギー剤が効かないのも納得できます。

 

 ちなみに春は、冬ごもりしていた生き物が外に出てきたり、

 土中や枝の中にしまわれていた草木の芽が外に出て、上に伸びて行く季節ですよね。

 

 東洋医学の世界では、冬の間に身体の中に溜めこまれた〝冷たい水〟や〝余分な熱〟などが、「春の気」に乗じて外に出ようとしたり、上の方にあがってくることで、体の上部の症状(水洟や目の痒みなど、いわゆる花粉症の症状)を引き起こすことがあると考えます。

 

 もちろん、原因はそれだけではなく、様々な要因が加わる場合が多いのですが、

 

 そういう流れをイメージすると、やはり人間の体は自然界の一部なんだなぁと、改めて感じさせられます。

 

 ***

 

 そして、抗アレルギー剤からの「抗△△剤」について思うこと。

 現代(西洋)医学には、この類のお薬がすごく多いと思うのです。

 抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、抗鬱剤、抗不安剤、抗癌剤、Ca拮抗剤(降圧剤)、H2ブロッカー……他に 〇〇阻害剤など、色々あります。

 

 わたし、薬剤師として働き始めた20代のころは、お薬大好きだったのです。

 飲めば治る、健康になるって信じてました。

 それが、いつしか「おかしいな」って思うようになったのです。

 

 これらのお薬は、「黙らせてる」だけじゃないのかと。

 

 身体が発する様々な症状(あるいは症状として表に出てこなくても、何かしらの病態)は、

 体からのメッセージであると同時に、

 体にとっての「表現する場」「排泄の場」でもあると、今の私は感じています。

 

 仮に、薬で黙らせることが出来たとしても、

 何だか口を押えて「うるさいから、しゃべるな。黙っとけ」ってされてるみたいに感じるのです。

 

 それって、体にとっては辛いことなのではないかと思うのです。

 

 ちょっと話が飛躍してしまいますが、

 「癌」という字を見ていると、口という字が3つに山、上から病だれ。

 山のように うずたかく積み上がった「口」が、やまいだれで押さえられてるような感じがするのです。

 

 こじつけかもしれませんが。

 

 〝こころ〟についても同じ。

 表現したり排泄することが出来なかった「感情」や「思い」たち。

 それぞれは小さいかもしれませんが、積み重なればそれらはいつしか心の中に大きな「しこり」を作ってゆく

 

 そんな風に思います。

 

 私自身、今までは そういうものをため込むばかりで、

 うまく表現したり伝えたりすることが出来なかったのですが、

 お陰様でようやく、やってみようと思い始めたところです(*^^*)

 

 自分の中に湧き起こった小さな感情や思いを、

 納得できる形で表現(排泄)できるように練習しています。

 

 そうして何か変化が感じられたら、またお伝えしていきたいと思います。

 何も変わらなくてもお伝えします。笑 

 

 とりとめのない話になりましたが、
 最後までお付き合いくださり、ありがとうございました(*^^*)

 

 www.iori-hermitage.jpいおり鍼灸院