いおり日記

大阪市淀川区 いおり鍼灸院 院長・金澤秀光が綴る東洋医学に関するよもやま話。  「心身一如」の古典医学に立脚し、個人の有り様と、人間を取り巻く環境との相関的視点から気ままに書いています。 過去のブログ記事はこちらへ→http://iori-hermitage.sblo.jp/

感情のしこりねぇ~。

 光陰矢の如し…

 あっという間に日時は過ぎて、なんともう11月ではありませんか。

 日常の臨床にまみれて、ブログもすっかりご無沙汰です。

 このところ、精神疾患を患った方の受診が相次ぎまして、何がこの人を病にまで追いやってしまったのかを、日々考えさせられていました。

 精神疾患と言っても、肉体が原因しているものもあるのですが、やはり何といってもこころの問題は大きいです。

 こころの問題といえば、先ずは感情にかかわるトラブルです。

 感情的にいつもすっきりとしている人って、そうそういらっしゃらないのではないでしょうか。

 このブログをご覧くださってるみなさま、いかがでしょうか。

 筆者も、今は落ち着いていますが、しょっちゅう嵐のような感情が湧きあがりますし、様々な思いとセットになって心のどこかにしまっているのもあります。

 こういうのって、いずれどこかで何かのきっかけで、噴出すること間違いないでしょうね。

 そうでもしないと、気のうっ滞となっていずれ何らかの形で身体に現れるか、自分でも説明のつかない行動となって現れてしまいますから

 感情と病については、過去ブログに少し書いてます。

 期待するから腹が立つ

kanazawa.ichinokai.info

 

 前回ブログでも触れているように、一旦湧きあがった感情を治める・落としどころですね。

 少し処方箋が描けるかもしれません。

 主題が散乱するかもしれませんが、ボチボチまた書いて参りますので、みなさまよろしくお願いいたします。

 

 

熊野速玉神社・熊野本宮大社 熊野

 しばらく投稿に間が開いてしまいました。

 20日、小雨が降る中、神倉神社を後にしまして、熊野速玉神社へと車を向けましてすぐの到着。

 今になって、一枚も写真が無いことに気が付きました。(^-^;

 ですが、筆者の脳裏にはくっきりとその美しい朱色の神殿は残っています。

 例えるなら「うるわしく厳かな、巫女の舞」とでも申しましょうか。

 熊野本宮大社が、「清楚に鎮まった、武士(もののふ)」のイメージと対照的です。

 筆者の中で、易と陰陽で熊野ツアーで参拝しましたお社がまとまりました。

 

 玉置神社 清楚で澄んだ陰陽未分化(自然神と人霊神)が混然と一体となった存在。

 

 熊野本宮大社(男性的)      熊野速玉神社(女性的) 

   |               |

 那智大社(動の自然神)      神倉神社(静の自然神)

 

 こんなイメージでつながりました。

 

 そして熊野速玉大社から、熊野川に沿って北上。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180830104611j:plain

 ちょうど雨が上がって、沸き立つ雲々と山の風景がなんとも幻想的です。

 そして再び熊野本宮大社に訪れ、ここで昼食。

 その後、明治22年の大洪水で被害を受けてから、現在の場所に移転になる前の大斎原を訪れてみました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20180830105112j:plain

 なんともデーンとした大鳥居。

 奈良の大神神社の鳥居もでっかいですが、ここは周囲に何もないので特殊な存在感を感じます。

 おまつりされている神々にご挨拶をすませ、すぐ近くの熊野川の河川敷に降りてみました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20180830105408j:plain

 なんとも言えない悠久の流れを感じました。

 ここでは、「おれがおれが」のちっぽけな小我の存在など、痕跡も残さず砕かれ、洗い流されて、せいぜい小さな砂の一粒程度にしかならないのだと。

 そう思うと自分にこだわる自分が、とても滑稽に思えてきました。

 今回の熊野詣の最後がこの地でであったことは、何か意味があったのかもしれませんね。

 今回の熊野の旅で、家族全員がこの地に魅了されてしまいました。

 次は、いつ訪れましょうか…(*^。^*)

 

神倉神社 熊野

 翌20日は、あいにく小雨ぱらつく天候となってしまい、伊勢への参拝は次回日を改めてということになり、このまま熊野でゆっくりと過ごすことに。

 コンビニで傘を買い求めて、いざ神倉神社へ。

 何とも趣のある橋を渡り、左手に曲がるとすぐに鳥居が見えます。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180825134738j:plain

 その鳥居の向こうには、いきなり急な石段が現れます。

 すでにお参りを済まされた方が、杖を片手にゆっくりと足元に気を配りながら降りてこられ、朝の挨拶を交わしながら行き交う。

 もうすでに気持ちいい感じです。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180825134746j:plain

 ご神体である磐座についた時には、汗が噴き出ていました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180825134751j:plain

 この神倉神社の磐座は、もう言葉にできないくらいの圧倒的な静かな存在感。

 まさに鎮座という言葉がぴったりです。

 那智の滝は、動の自然神。

 神倉の磐座は、不動の自然神。

 いわば、陰陽関係の自然神のように感じています。

 これまで、何度も大きな地震があったはずです。

 それでも微動だにせず?有史以来ずっとこのままこの地にドッカと存在しているのってすごいことですよね。

 ご神前からは、熊野灘が眼前に広がります。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180825134756j:plain

 不老長寿の仙薬を手に入れると、秦の始皇帝を騙した?徐福は、実は亡命したとの説もあるようです。

 その徐福、この熊野の地にも流れ着いたとの伝説があるようです。

 このような徐福伝説は、全国各地にあるようですねぇ。

 

 なんにしろ、この地の気に触れるだけでもう十分。

 そして昇ってきた参道を、ゆっくりゆっくりと足を降ろしながら、ゆっくりゆっくりと味わいつつこの地を後にしました。(ほんまにゆっくりとしか、降りれません)

 そしてこれから、熊野速玉神社と、もう一度熊野本宮大社に立ち寄ることに。

                            つづく

那智大社 熊野

 そして19日(日)午後4時過ぎ、本日最後に参拝したのが那智大社です。

  十数年前、初めてこの地を訪れて、遠くから那智の滝を目にしたときに、白い竜が身をくねらせて昇っているように見えて、わが目を疑った記憶があります。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180824201817j:plain

 写真の風景、いかにも日本的情緒を感じさせると思いませんか。

 前回訪れた時は、滝つぼの近くまで行きました。

 その時に感じたのは、圧倒的なパワーでした。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180824202121j:plain

 写真は、筆者と愛娘の後ろ姿です。

 かつての時を懐かしいと思いつつ、今の幸せを実感した時でもあります。

 今回は、滝と少し距離が開いていますが、パワーを感じるには十分です。

 

 滝つぼの近くにまで行った時、水面から数十メートルのところまで、まるで球形のパワーの塊のようなものを感じて、自分の胸の鼓動が高鳴ったことを覚えています。

 動画で伝わるかどうか、ちょっと味見してください。

 今回は、時間が無かったこともあり、ご挨拶だけに済ませましたが、また改めてゆっきりと訪れたいところです。

 もちろん、神恩感謝のお礼は忘れていませんよ。

 

 そして時間が随分ずれてしまい、宿に連絡。

 宿は南紀勝浦の海に面した温泉宿で、海岸に面した露天風呂でまったり。

 

 熊野灘の潮の香、届きますでしょうか。

 愛娘は、卵の臭いのお風呂と、普段なら到底ありつけない夕食と朝食バイキングでご機嫌の極地。

 (普段、我が家は質素でございます。 笑)

 まあ、人霊となってこの世に降臨して、日も浅い9歳なので無理もないっか。

 

 旅程、少しほおばりすぎたかなと思いつつ、地酒と当地料理にまったりとしつつ、あっという間に眠りにつきました。

 翌日は新宮の神倉神社からのスタートです。

 

                  つづく

 

熊野本宮大社 熊野

 今回の熊野ツアーは、玉置神社を皮切りに次いで訪れたのが熊野本宮大社です。

 ここは10年ぶりくらいでしょうか。

 郷里、兵庫県福崎町の治療所を閉じ、大阪に出てきて間もないころに参拝してますので、思い出深いものがあります。

 f:id:ichinokai-kanazawa:20180824154825j:plain

 誰でもが経験するでしょう、未来に対する期待と不安の入り混じった何とも複雑な気持ち。

 何度振り返っても、命の根底に何か突き動かすようなエネルギーがあって、ここまで流れて来た、って感じですかね。

 なんとなくですが、我ながら不思議な感覚です。

 

 神殿の屋根、うつくしい…

 こちらでも、神恩感謝のお礼を宣べ、新たなる誓いを宣言して参りました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20180824113028j:plain

 なんか男性的で、鎮まった力強さの美を感じてしまいます。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180824113038j:plain

 参拝を終えると、もう午後3時。

 早々に退いて次の目的地、那智大社に向かうことに。

                         つづく…

 

玉置神社 熊野

 今月の19日日曜日、家族と一緒に熊野ツアーに行って参りました。

 まず最初に訪れたのは、奈良県十津川村にあります、玉置神社です。

 実に十数年ぶりです。

 最初の写真は、玉置神社の駐車場からの景色です。

 到着して、いきなりスッとしました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180823104916j:plain

 遠景と近景、幾重にも重なる山々が雄大です。

 ここでバーナーで湯を沸かし、持参したおにぎりをほおばりながら、かつて訪れた時と今の状況を振り返ってみると、人生って不思議だなと改めて思ってしまいました。

 だってね、その都度計画を立てて歩みを進めてきたつもりですが、十数年前の自分が今日のこの日を予期して描いていたかどうか。

 否です。

 いろんなことがあって、出会いと別れを繰り返し、流れ流れて来たのが今です。

 いったい何が、どのような存在が自分をここまで運んできたのでしょうねぇ。

 筆者の座右の銘のひとつ。

 予定は、未定。

 これさえあれば、人生柔軟に楽に生きれますよっ。

 そして駐車場から一礼して大きな鳥居をくぐり、さらに進むとまた鳥居があり参道の雰囲気がガラリと変わりました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20180823105809j:plain

 なんとなく気が引き締まるで、ここからは不敬があってはならない感じがしました。

 途中で山の神を祭ってありました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20180823110057j:plain

 静か…の一言です。

 訪れたお社で、かつてこの地で立てた誓いを反芻して神恩感謝の気持ちを宣べ、また新たな誓いを立てて参りました。

 境内の裏手には、樹齢三千年と表示された杉の巨木。

 また会えた喜びに、しばし浸りました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180823110511j:plain

 一切の説明など必要のない、圧倒的な存在感。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180823110612j:plain

 神武天皇東征の折、この地に立ち寄られたとのことですが、並び立つ巨木はそんな様子をひっそりと見ていたのかもしれませんね。

 この地の気に触れるだけで、もう十分な気持ちです。

 心も体もすっきりとして、ここから熊野本宮大社に向かったわけです。

                           つづく

生きようとする力

 大阪医療技術学園で、鍼灸医学を学んでおられる川村淳子さんが、昨日治療所で色々お話しさせていただいたことを、早速フェイスブックに投稿してくださいました。

https://www.facebook.com/junko.kawamura.90038?fref=pb&hc_location=profile_browser

 なんか、うれしくなってしまい、筆者も書きたくなりました。

 

 この時期、戦争の悲惨さを伝えるメッセージが多くなりますね。

 確かに、筆者も戦争には大反対です。

 ですが、開業当時(平成元年)には、まだ戦争体験をお持ちの患者さんがたくさんいらっしゃいました。

 暇なときには、よ~く戦争体験を聞かせてもらったものです。

 輸送船が魚雷で沈没して、海に浮かんでいるところをグラマンに狙い撃ちされた。

 激戦地で次々に仲間が弾に当たって、自分も中ってしまった。

 大陸で昼夜の行軍で中に、次々と人が倒れて置き去りになっていく。

 まだまだあります。

 筆者が出会った方々、遠くを見るように悲惨な体験を話されるのですが、それがだれ一人としてトラウマになっていないのですよ。

 むしろ、楽しげな様子なのです。

 10代から20代の青春時代を覆った、戦争。

 なんか、この人たちには、かなわないなぁ~と思ったものです。

 稻垣副院長の祖父も、通信兵として戦艦に乗って戦地に赴いておられます。

 話をお伺いしますと、悲惨な様子よりもむしろ青春時代の一コマを語るかのように楽しげなのですよ、これが。

 細くって小柄な人でしたが、こんな人には、かないませんよ。ホンマのところ。

 実母も、兵庫県姫路市の空襲で、辛くも生き残った内の一人でした。

 食べるものどころか水さえない。

 もちろん、寝るところもない。

 広島郊外の疎開先では、B29の飛来から原爆投下、きのこ雲、避難してきた全身やけどの人々。

 まだ幼い小学生だった母親が語る体験と光景から伝わってくるものは、やはり人が生きようとするたくましさでした。

 どんなことがあっても、生きる。

 人には、実はそんな力が秘められている…

 逆境が、その力を引き出してくるのでしょうか。

 どんな時代でも状況でも、人がたくましく生きてきた姿には、勇気づけられます。

 そのような報道も、期待したいですねぇ。

 

 川村淳子さんがシェアした「クローズアップ 現代」

 #あちこちのすずさん 庶民がつづった戦争の記録

 

        f:id:ichinokai-kanazawa:20180622153110j:plain